オルタナティブ・ブログ > 異聞か、異文化 >

外資系マーケ担当としてのクロスカルチャーな仕事と日常

外国人上司を説得しよう

»

海外に本社のある日本法人の場合、「日本でもカタログを作ろう!」という際には本社のカタログを翻訳して作成するように、指示がでます。これは多くの外資系日本法人では、当たり前のことです。
文章も、写真も承認済みのものですから、翻訳&リライトをしっかり行って、レイアウトをA4に直せば一丁あがりです。最小の労力でカタログを作成することができます。

でも、本社の製品カタログの内容をを見てみると・・・・
文字でソリューションのコンセプトを語っている部分が5割、イメージ写真が3割、機能の説明が2割。
機能一覧やシステム構成などのチャートや画面イメージなどはナシ。
美しい写真と文字が延々8ページも続く。
読み易い日本語にしたところで、最後まで読んでくださる方がどれだけいるのだろうか?という疑問が残ります。

私は日本市場用にソリューションのコンセプトを一部割愛、イメージ写真も最低限に絞り、機能概要の箇条書きや画面イメージやチャートを追加するカタログ案を米国のCMO(Chief Marketing Officer)に提案する事にしました。
電話会議の前に、日本では文章で長々とに説明するよりも「どのような機能がある」かを「一目瞭然にみせる」カタログが好まれる例として、国内で作られている同じ外資系の同業他社のカタログをスキャンしたものをいくつか送りました。
外資系同業他社のカタログは、概ね大判の製品カタログは本社の物を翻訳して作成していますが、別途ソリューションや業界毎の1枚物の資料を作成している物が多いのです。その日本オリジナルの1枚物の資料にはチャートや機能の箇条書き多くが含まれています。本社のカタログには含まれていない、補足資料をわざわざ別途作成しているのです。

すると、日本独自に作成したチャートはどのようなものなのだ?という話になりました。
英語訳したチャートや機能概要一覧を見せて、説明します。
その結果、コンセプト説明は本社の原稿から翻訳し抜粋する事を前提に、日本オリジナルのチャートなどを付加した日本オリジナルカタログ作成の承認を得る事ができました。

時差があり、言葉の壁があり、文化の壁があり。

三重苦のやり取りは大変ですけれど、相手を論理的に説得する材料があれば、彼の地にいる外国人上司にも理解して貰えることがあります。
結果はやってみないと判りませんが、だんだん勝率が上がってきました!

Comment(6)

コメント

こんにちは。
私も時々同じような作業をします。最近は外人上司が文章もチェックしたいと言い出し、日→英の翻訳の手間が。。。。英文版に赤が入ったときの日本語への反映のさせかたが。。。。研究課題は尽きないです。

良く判ります!
今泉さんのエントリーで翻訳ピンポンを読んだ時は、他人事とは思えませんでした(笑)。
私の英語力では果てしなくピンポンが続く時に、楽しむ余裕は、残念ながらないですけれど。

こんにちは、共感一票!
これまさしく日々の活動ですわ。こちらも以前は「本社に合わせなさい。ここはちょっと英語のと違うようだけど何が書いてあるんだ。説明しろ!」とか、げんなりするような事態に陥っていましたが、やはり説得して、勝率を上げていくと、逆にこっちの案が採用されたりしていくようになります。そうなってくると事前に相談されるようになったりして、だんだんやりやすくなってます :-)

藤井さんもそうですか!
同士がいるような気がして嬉しいです。
私も始めの頃は、「コーポレートのやり方に従え」と言われてしまう事が多かったのですが、最近は「美保はどうしたい?」と向こうから聞いてくれるようになりました。ありがたいことです。

bibendum_iwa

カタログじゃなくて広告の話なのですが、以前勤めていた米国資本のIT企業で、今は一般用語になったカテゴリー(e-ほにゃらら)の最初の立ち上げのキャンペーンで、英語のショルダー・コピーが「Solutions for Small Planet」だったのですが、日本ではどうやっても説明しづらく、結局「むずかしいをかんたんに」と変えてスタートした時、丁度そのプロモーションの部隊にいたことがあります。(お里が知れる?)

他の国でも変えさせろと暴れたところがあったようなのですが、最終的に本社を説得できたのは日本だけだった記憶があります。当時、担当者は死ぬ思いをしたと話していたのを良く覚えています。

広告のコピーは直訳だと全然使えませんものね。それにしても、日本だけが説得できたなんて、凄いですね!「Solutions for a Small Planet」で検索をしたら、Haujobbというアーティストのアルバムがヒットしてしまい、bibendumさんの出身村には辿りつけませんでした。広告イメージ見てみたかったです。(´・ω・`)

コメントを投稿する