オルタナティブ・ブログ > 細島誠彦ブログ【参謀の戦略眼】 >

会社がなすべき当たり前のこと、人がなすべき当たり前のことでありながら、多くの人ができていないことを、いかに行うかを考えるきっかけになればと思います。高杉晋作の辞世の句でもある「おもしろき こともなき世を おもしろく」をブログ名に、日々普通に起こっている会社や社会での出来事を、いかに考え対応すべきかという視点で書いていきたいと思います。

戦略作りは連想ゲーム~誰でもできる会社の変え方~その2

»
会社の目標が設定できたら、それを達成するために戦略を構築しなければならない。
簡単にいえば、目標を達成するために何をするのかを決めるということだ。

何かを成し遂げるためには、そこに辿り着くためのステップが必ずある。
例えば、個人的な目標として「車を買う」をあげるとすると、
お金を貯めなければならない。
とすれば、月々10万ずつ貯金する。
また、より早く買うためには、給料をあげる。
では給料をあげるためには、何をしなければならないか?
営業マンならば、より多くの受注をとり、給料をあげる。
経理の人ならば、日々同じ仕事をするだけではなく、
より効率をあげるために業務フローを見直す。
などなど、いくらでも方法はでてくる。

会社の目標も同じである。
売上3億円の会社が売上を10億円にするとすれば、
何をしなければならないのかを考えるのだ。
単純ではないが、10人で3億円稼いでいるとすれば、社員を30人にする。
もしくは1人あたりの売上高を上げる。
そのためには何をするか?
というふうに考えていく。

この際、様々なことを考える上で大事なことは、
最初は制約条件をもうけないことである。
「社員をそんなに入れられない」
「1人でそんなに売上をあげるなんて不可能だ」
などという制約は最初は考えない。
まっさらで考えないと自由な発想はでてこない。
マインドマップを使うと便利かもしれない。

いくつかの手法が案としてあがったら、
それをどうやって実現するかを考える
社員数をいきなり3倍にするのは無理でも、
徐々に増やすのは可能かもしれない。
1人あたりの売上高を、いきなり3倍にするのは無理でも、
営業方法を改善すれば効率は良くなるかもしれない。
また、その2つの組み合わせもできる。

最初から無理だと思うと無理だが、
どうやって実現するかを諦めないで考えることが大事だ。

ある程度の戦略が上がったら、
それらをブレイクダウンして戦術を考えることになる。

これらの一連の作業は、まずやることが重要であり、
達成できなければ、また違う方法を考える。
PDCAサイクルをぐるぐると回すのだ。

ほとんどの会社はPlanがないために、Checkもない。
ただあるのは、Doだけとなる。
戦略を動かし、このPDCAサイクルに乗せることによって、
大きく会社は動き出すはずだ。

Comment(1)

コメント

ほとんどの会社はPlanがないために、Checkもない。
ただあるのは、Doだけとなる。
戦略を動かし、このPDCAサイクルに乗せることによって、
大きく会社は動き出すはずだ・に関し、整然手帳で、週間ごとに目標を細分化し、自主推進できます。
整然手帳はガント式チャートに類似した、予定・目的推進型手帳です。通常の手帳として使用できます。
週間ごとに、予定の一つ二つを、週間目標として記入し、その週用に細分して記載し推進できます。週末には、進捗管理✔もできます。
「即ち、日常的に推進すべき目標を、週間ごとに細分化して、自分の手帳の予定欄に落とし込みをして、自己管理、自己チェックできる」のです。
更に評価時には記録が残りますから評価・被評価とも精度が改善します。
整然手帳は湘南手帳ドットコム社が出版し、amazon、一部書店等で販売中です。

コメントを投稿する