オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

企業にもっとグループカレンダーを! - フリーミアムなフィードパスガジェットとは?

»
Gadget.jpg

すでに今年のバズワードとなったクラウド。このブログの読者の方の中には、クラウドサービスでスケジュールを管理している方も多いでしょう。そのクラウドから提供されているパーソナルスケジューラーとしては Google カレンダーがその最たる例ではないでしょうか。

僕らフィードパスは Google Apps 導入の企業・団体にもグループカレンダーを利用できるようにGoogleカレンダーの機能を拡張し、グループカレンダーとして機能する「feedpath Gadget」(フィードパス・ガジェット)というクラウドサービスの提供を開始しました。今回はその「feedpath Gadget」サービス提供の経緯について紹介します。

日本において、企業で利用しているスケジュール共有というとグループウェアのカレンダーが最初に思い浮かびます。例えば「サイボウズ Office」や僕らフィードパスの提供する「feedpath Calendar」などです。日本のビジネスシーンにおいて、グループカレンダーが定着していまます。

パーソナルスケジューラとグループカレンダー。この2つはスケジュールを管理の意味では全く同じですが、スケジュール共有ではちょっと違ってきます。グループカレンダーは正にその文字のごとく、自分以外のメンバーのスケジュールが確認でき、打ち合わせや出張、時にはDinnerの調整に利用します。

ご存知、米国グーグルの提供する Google Apps はビジネス向けのクラウドサービスであり、メール、カレンダー、ドキュメントなどの機能を中心としたビジネス向けのコミュニケーションスィートです。グーグルはこの Google Apps をグローバル展開しており、その利用企業・団体は世界で2000万を超えています。日本においても多くの企業が導入している企業・団体も多いでしょう。カレンダーには共有機能も有していますが、「グループ(組織)」という考え方ではなく「自分と誰か別の人」という共有概念から設計されているサービスのようです。もちろん米国のビジネスシーンにおいては十分機能をする設計なのでしょう。

僕らフィードパスでは昨年から「feedpath Calendar」というグループカレンダーに特化したサービスを提供しています。また、グループコラボレーションサービスとしてグループウェアでは「サイボウズOffice for SaaS」の中心的な機能としてカレンダーサービスを提供している、いわばクラウドからのカレンダーサービスカンパニーです。

このようにフィードパスはカレンダーサービスというビジネスドメインの中で、今回は Google カレンダーをグループカレンダーとして利用してもらおうという狙いです。「feedath Gadget」はフリーミアムな価格スタイルを採用し、今回提供するグループカレンダー機能はフリーで提供しています。Google Apps のご利用の方々はフリーで「feedpath Gadget」をご利用いただけます。

feedpath Gadgetのデモムービー

feedpath GadgetのPRサイト

ナマステ!

Posted by フィードパス 後藤 康成 (Yasunari Goto)

[feedpath PR]クラウド型スマートフォーン対応のグループカレンダー

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する