オルタナティブ・ブログ > "エリック松永の道場破り" >

-エリック松永は英語道場だけじゃない!!-

”楽器の知識がなくてもセッションが楽しめる時代”に想う

»

ミュージシャン仲間でもある佐々木さんからの情報で、楽器の知識がなくてもアドリブが弾けるソフトが沢山出ていることを知りました。DSやiPhoneで気軽にセッションが楽しめるものです。YouTubeとかで見ましたが、音も綺麗で、ギターなんかチョーキングまで出来ます。コードにあわせたスケールしか音が出ないので、でたらめに叩いても、音がはずれないで、それっぽく聴こえます。


実は、結構、複雑な思いなんです。いちおう音楽学校くんだりまで行って勉強しCa390350001_3
た身としましては、、、、、。


ギターという楽器はやっかいなもので、弦が温度や湿度で伸びたり縮んだりしますし、ギター本体もきちんとメンテしないとネックがそってしまい楽器として機能しません。弦の巻き方ひとつでチューニングの狂いも違います。普通の音程を維持するだけでも大変なのです。プレイとなれば、更にコードやスケールの知識と実践での経験、リズムの勉強など、勉強しなければいけないことが山積みです。細かい技術ですがチョーキングも物理的に弦を押し上げるので、上がった時の音程を性格に出すためにチューナーを前に何時間も練習しました。


現役時代は、メトロノームの音が空気みたいにいつも鳴っていて、プレイする為に血のにじむような練習を毎日何時間もしていました。1日最低4時間はスケール練習しろと言われ、毎日、毎日4時間ドレミばかり弾いていたこともありました。練習しすぎて腱鞘炎になったこともありました。


”楽しむためには、苦しまなきゃ”と本気で信じて音楽と向き合ってきました。私にとって音楽は、”音楽苦”です。楽しむためには、音の洪水と苦しみに耐えなければいけない。(ってダサいんですよね、、、、)


今では、何の準備もなく、簡単に音楽が出来る時代です。プレイする前に血のにじむ連取も必要ありません。ソフトウェアが簡単に演奏するレベルに到達する為には、リアルな楽器では凄い努力が必要になります。これから、きっと次々と新しいソフトが登場し、機能もアップするんでしょう。そして、より凝った演奏が出来るようになるんでしょう。そういう楽器が普通になった時に、音楽ってどう変わるんでしょうか?少し寂しい気持ちになります。


アホかと思われるでしょうが、楽器は自分にとって人生の伴侶です。たまに楽器屋で若い娘(ギター)を見て、心ときめいてしまうこともあります。でも、浮気はいけない、浮気はいけないと心を制御しようと思いつつ、、、つい肩に手を触れてしまう(試奏)、そして後悔なーーんて気持ちになるんですよ。そういう気持ち、いつまでも持っていたいし、そういうアホな若者も滅亡してほしくないな。


徒然なるままに、オッサンの時代錯誤を語ってしまいました、、、失礼しました。


ちなみに、私の本妻(Fender Stratcaster)は私と同級生の1967年生まれ。41歳になりましたが、あいかわらず、いう事を聞いてくれません。。。。。

Peace out,


Eric

Comment(6)

コメント

ericさんなので判った上で書いていると思うのですが、音楽については打ち込みが出てきて、それが浸透していくのと同じ流れを辿るのでしょう。

デジタル化・パソコンで仕事というキーワードでは様々な職種で同様なことが起きていると思ういますし、ハード・ソフトを提供する会社側としては裾野が広がることは歓迎でしょうから、どんどん簡単・手軽という方向で話しは進んでいくのでしょうね。

EricHIRO

僕は、打ち込みとは違う流れだと思うんです。YMOの松武さんを見て打ち込みはアートだと思いました。手間も凄くかかり、下手に楽器をひくより何十倍も難しい。

なんとなく、今の簡単楽器って、やはり弾けることへの憧れがモチベーションを維持させているように思うんです。エアギターとかもそう。あんな風に弾けたらいいなという憧れがあるから気持ちいい。

でも、もし、弾ける人への憧れがなくなったら、簡単楽器があたり前になったら、皆、アドリブ弾いて気持ちいいんでしょうか??なんか、わからないし、わかりたくないような気もします。。。

こんばんは。
昔、バンドを組もう、って誘われた奴が、自作の曲をやりたい、って言って、そいつが親戚からもらった、というレコンポーザを使って作った曲を何曲か聴かせてもらいました。
そいつは楽器とかは全く弾けず、習ったことも無い、ということで、曲作りはただマウスで適当に音符を貼り付けて作っただけ、とのこと。
当時、聴いてみて「聴くに耐えない」音楽理論無視のコード進行、とか思いました。
でも、数年後、ふとしたきっかけで聴いてみると、逆に、ちゃんと音楽を習っていたとしたら絶対生まれることの無い和声・コード進行だ、と見直してしまいました・・・。
弾ける人が弾いて作る、弾けない人が某かのツールを使って作る、いずれにせよ、そこにその人なりの音楽に対する「愛」があるかどうかがやはり肝な気がします。
(すみません、脈絡の無い文章で)

EricHIRO

せのおさん、


コメントありがとうございます。どうも文章力がないのでうまく気持ちが伝わらないのが残念です。今度、飲みながら音楽談義しましょうね!!


ところで、せのおさんがおっしゃっていることは全面的にAGREEです。音楽やるのに理論が絶対に必要だなんて思っていません。JAZZやロックでは偉大なミュージシャンが理論が分からなかったり、譜面が読めなかったりする人もたくさんいますし。実際にそういう人にも出会いました。正直、自分は才能が無いので音楽理論を勉強していると思っています。今回、せのおさんがおっしゃった人は、僕の恐れる類の人達とは違う領域の人です。でも、その人は、自分の気持ちが入る曲を耳と感性を頼りに一生懸命作ったはずです。ブルースのスケールに併せて、アドリブごっこをやっているのとは全く違うと思います。


実際にアドリブをやったことがある人なら分かると思いますが、スケールを覚えると外れない音は出せますが、COOLな音は出せません。なんか、かっこ悪いので、そのままだと飽きてしまう。。。。そこが、ひとつのハードルになってると思うんです。だから、凄く音楽に愛があるとそのハードルを越えようと努力するはずなんじゃないのかな。また、逆に弾けないならではの悔しさってのも、人によってはアーティストへの尊敬の念になるケースもあるでしょう。それは聴く側としての愛もありなんですよね。


いずれにせよ、私が勝手に危惧しているのは、なんちゃってツールで、なんとなくCOOLなフレーズが簡単に出来ちゃうと、楽器への愛や、本物のアーティストへの愛も薄れやしないかなって事なんです。指をスライドするだけで簡単にスティーブヴァイのフレーズが弾けたりしたらどうでしょう。それも、若いときから。最初から、そういうツールがあったら、多分、スティーブヴァイを凄いって思えないじゃにあでしょうか。


ちなみに、せのおさんの文を読んでいると、音楽への愛で溢れていますよ!!とっても素敵だと思います

電子楽器も、それなりに奥深いものはありますよね。いまはまっているPocketGuitarはiPhoneの傾きでチョーキングをするもので、思い通りの音程に上がらなくて、けっこう練習したりしています。そこはギターより難しいです(笑)。
スケールについてははっとさせられました。たしかにスケールに沿った音でやっているとCOOLではない。そこは練習に裏打ちされたセンスが問われるところですよね。

EricHIRO

koyaさん、
コメントありがとうございます。ギターの弦は気温、湿度などでも影響がありますし、ギターが変われば同じ弦を張ってもテンションが違うのでチョーキングにかかる力も変わってきます。また、音色を変える為に弦の太さを変えると完全に違う楽器のように扱いにくくなります。私はイレブンという太い弦を張っていますので、09に慣れているギタリストだと指が痛くてチョーキングできないと思います。バークリーでもチョーキングはかなりうるさくチェックされます。プロでもチョーキングが甘い人は少なくありません。チョーキングはリアルなギターでも置くが深い領域です!!

コメントを投稿する