オルタナティブ・ブログ > C'est la vie >

デジタルとアナログの間を行ったり来たり

数分で女性に「iPhoneスゴイ!」と感動させるアプリ

»

 まだiPhoneを手にしてから数カ月ではあるが、女性の友達を感動させるツボが分かってきた。そんなにすごく凝ったものを見せる必要はないと思う。周囲の友達(もちろん女性)に評判がよかったのはこんなところ。特に迷子になりがちな人にはてきめんだと思う。

○標準のマップ

 なにそれ、普通。ではあるが、これでも十分。「地図です」といってアプリを開き、地図を見せる。「地図よね」と相手が思ったところで、「ここを押すとね、現在地なの」と左下のピンを押す。すると現在地が表示される。

 ここで「スゴーイ!現在地が分かるんだー!ホントだ。現在地だよー!もう迷わなくていいのねー!」といたく感動してもらえる。

 すると「じゃあ、あそこにあるきれいな建物はなに?」と聞かれても地図を見れば「○○教会らしいね」と教えたりできる。「この辺にコンビニない?」と聞かれても教えられる。

 モテモテですよ。ふふ。

○Tokyo Nearest Subway

 こちらはAR系、有料アプリで3GSのみ。ARといえばセカイカメラではあるが、初めて見た人を感動させられるタグがあるかは場所次第。また読み込みに多少時間がかかる。だがこちらはGPSとコンパスを使い、周囲の景色に重ねて最寄りの駅を表示してくれる。待ち時間はそんなにない。最寄り駅が複数候補あるような場所で、どの駅に行こうか考えるときに役立つ。

 経験的には女性を感動させる成功率はセカイカメラより高いと思う。こちらも「スゴーイ!駅を教えてくれるの?ホントだ~最寄り駅が出てくる~」と感動してもらえる。

 

 この2つを見せるだけでも「アイフォンスゴイねー」と喜んでもらえる。お試しあれ。

Comment(5)

コメント

友人(30代女性・職業エステティシャン)がiPhoneを買ったので、「どんなアプリが楽しーい?」と聞いたところ、「カラオケ!」との答えが返ってきたのを思い出しました。
nonITの女性が喜ぶポイントは、IT男性が予想するのと違うところにあるのだなぁと実感した次第です。

ええほんとうにそうですね。
先日もiPhoneいじってたら「それなんですか?パソコンですか?」と訊かれ、「あいふぉーんですよ。パソコンのメールも見られるんです」と答えたら、パソコンではないのにパソコンのメールが見られる?と困惑させたらしく顔の上にたくさん「?」が浮かんでいました。

女性が楽しいアプリは男性とはちょっと、違っています。社会活動が違いますから。だから、専門的な女性用アプリがあれば、いいことと思っています。

ジャック

記事を拝読しました。
面白いことを書いてるブログもあって、感服しています。

突然ですが、iPhones と iPod TouchのデジカメにGPS機能が付いていたりします。
デジタル画像に GPSを利用して、ジオタグを画像内のExif領域に格納します。
ネットで公開する写真にExif情報が付いていることには個人情報漏洩の危険でも伴います。
どの日どこからどこへ移動してここで撮影して、ということが画像の内容と撮影日時から確定できてしまうのです。
ブログやツイッターなど様々ネット交流活動が頻繁に起こる現代社会の中に、
単なる自分の写真を見せたいだけで、余計な情報を漏れる場合も沢山あります。

ですから、Exifデータによる情報流失を塞ぐiPhoneアプリを開発しました。
そして埋め込まっているデータを消去することではなく、
もう一つデータのない新しいデジタル画像を作成します。
そして複雑な操作もなく、指一本でできます。
元のデータ付き画像も保存します。

ジオザッパー(デモ版)はこちらです。無料ですからおススメです。
http://itunes.apple.com/ca/app/geozapper-lite/id438843105?mt=8

ジオザッパー(日本語版)もあります。こちらは有料になります。
http://itunes.apple.com/jp/app/id439799516?mt=8&ls=1

ご参考になれば幸いです。

コメントありがとうございます。
1年前の記事なので、懐かしい気がしますね。
位置情報を使ったアプリはどんどん進化していて面白いなと思います。

コメントを投稿する