オルタナティブ・ブログ > 山岡週報 >

メディアプランナーのつぶやき。ITおよび製造業のマーケティングについての考察。ときどきマンガとアニメ。

新海誠監督の最新作『星を追う子ども』が5/7に公開。プロモーションについてまとめてみた。

»

2011年5月7日(土)、『ほしのこえ』、『秒速5センチメートル』などを手がけてきた新海誠監督の最新作『星を追う子ども』が全国で公開された。

2011年5月7日(土)全国ロードショー

原作・脚本・監督:新海誠
作画監督・キャラクターデザイン:西村貴世
美術監督:丹治匠
音楽:天門
声の出演:金元寿子/入野自由/井上和彦
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:メディアファクトリー/コミックス・ウェーブ・フィルム
公式サイト:
http://www.hoshi-o-kodomo.jp/
©Makoto Shinkai / CMMMY

というわけで、早速見てきました。今回は早朝の舞台挨拶のチケットを取り逃してしまったので、ゆっくり18:15から見ることに。場所は前回の攻殻機動と同じく新宿バルト9にて。

公開直後なので内容・感想については控えますが、Twitterと2chで評価がかなり分かれてますね。映画見る前にこれらを見ると影響されるのであまりオススメできません。

■映画のプロモーションについて
今回のエントリでは、この『星を追う子ども』のプロモーションについて少しメモを残しておきたいと思います。アニメファンとしてはPRの手助けを。ブロガーおよび広告営業マンとしては、研究対象として。

1:これまでの作品を無料公開

一番思い切ったな、と思ったのがGyao!での無料公開です。期間限定でこれまでの新海誠さんの作品を無料公開していました。よく金曜ロードショーなどでこれから公開される映画の前作を放映したりしていますが、それのネット版というところでしょう。(枠取れんかったのかな…)

5_gyao_3   

5/9(月)まで「秒速5センチメートル」が視聴できます。これが上手いのは、全作品を一気に公開するのではなく、期間を区切って順番に公開したところでしょうね。限定感を出すことにより、DVDなどを買う人もいたのではないでしょうか。

2:中の人を見せる

個人的に気に入ったのが、制作スタッフへのインタビュー。そのスタッフのこれまでの経歴や、どうしてアニメ制作の仕事をするようになったのか、新海誠さんとの関わりはどうだったのかなど、結構詳しく書かれています。下記は「色指定・検査」の野本さんへのインタビューの一部分。

■「食べ物」はより美味しそうに、「目に見えないもの」は確かにそこにあるように

野本 「たとえば「光のスジ」や「風の通り道」などですね。今回は特にそういうものが多かった気がします。光も風も目には見えないものですけれど、それをアニメーションにするためにはなにがしかの色で表現しないといけないわけですよね。まさか無色で描くわけにはいきませんから(笑)。「食べ物」はみなさんに馴染みがあるものだからこその難しさですが、それとは逆に「目に見えないもの」は見たことのないものをリアルだと感じさせるにはどうすればよいか、どういう色にすれば「より本物らしく」感じてもらえるか、あれこれ考えながら色を作ってゆきました。それから、自然物の表現も毎回大変ですね。たとえば「川の流れ」にしても、表現はけっして1種類ではありませんから。「このシーンの川とあのシーンの川は、やっぱり違う色だよなあ」と頭ではわかっていても、それをどういうふうに色で表現したらよいか、非常に悩みます。」

スペシャル:インタビュー  野本 有香(のもと ゆか)『星を追う子ども』色指定・検査

前半の声優さんのインタビューは、ほんと体裁だけ整えましたという感じなのですが…。西村貴世(作画監督・キャラクターデザイン)さんからの内容の充実っぷりが凄いです。なんだろうこの違いは。

3:メディア戦略

一応まとめということで、以下、メディア別に。

・TV:TVKでやっている『シュタインズゲート』の枠でCMをやっているのを見ました。他はあまり見てないな…
・雑誌:アニメ雑誌や映画誌などでは特集が組まれている模様。   
      http://blogs.yahoo.co.jp/hoshi_o_kodomo/3255502.html
・漫画:コミックフラッパーでコミック化 http://natalie.mu/comic/news/48875
・ラジオ:制作ブログによると4月には幾つかあったようですが、直近は不明です
・新聞:不明
・交通広告:不明
・WEB:ターゲット層を考えてか、やはりWEBが一番充実してますね。

 公式サイト: http://www.hoshi-o-kodomo.jp/
 GyaO!特設サイト: http://gyao.yahoo.co.jp/special/hoshi-o-kodomo/
 Youtube: http://www.youtube.com/embed/T37GhIqsO28

ちなみにGoogleでTweet検索をしてみたところ、公式サイトOPEN、およびYoutubeで予告編を公開した日に最も盛り上がりが来ています。

・Twitter
公式アカウント:@mimi_kodomo
新海誠 監督:@shinkaimakoto
ハッシュタグ:#hoshioi

・その他:ここが広告枠なのかどうか分かりませんが、新宿バルト9のチケット売り場で一番いい位置で告知されてました。

Dsc01718_1_2 

以上、ざっとですがメモとしてまとめてみました。1、2については、今後自分が企画するイベントなどでもファンを増やす施策として取り入れたいと思っているポイントなので、いいヒントをもらえた気がしています。

ただ、映画の告知としてはちょっとテレビCMが弱かったような気もします。震災の影響なのかな・・・。Twitterで検索してみると、公開後に気付いて「やばい、見なきゃ」とtweetしている人を結構見かけます。このブログを見て初めて映画公開を知った人がもし居たら、前作も含めてぜひご覧ください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する