オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

デスクトップの仮想化が本格化します。

»

オルタナティブ・ブロガーの片貝さんが、「シンクライアントは死んだ」のブログを書かれ、一応、シンクライアントを販売・推進するもとのして、コメントを書かせてもらいました。実は片貝さん、あえて物議を呼ぶような事を書かれますが、ご本人はたいへん紳士な方で、古い言い方でいう、アンチテーゼを展開されているのです。(ばらしちゃいましたよ、片貝さん!)。

仮想化は最近のキーワードになって来ました。資源を仮想化することにより、管理され、セキュリティレベルをあげ、費用対効果を上げていく、ITの運用管理にとってたいへんすばらしい技術です。クラウド・コンピューティングにとっても、なくてはならない技術になっています。

この分野では、VMware とCitrix が有名ですが、サンもついに仮想化のビジネスを始めています。サンの特徴はオープンソースを活用し、ITの全体を理解しているITの総合企業だからできる、汎用型、基幹向け仮想化です。

今回、サンのホームページで、特にデスクトップに焦点をあてた仮想化の特集を組んでいます。読み物として興味のある構成になっています。ご覧ください。ホワイトペーパーもダウンロードしてみてくださいね。

Comment(2)

コメント

Henrich

・VM の安定性
・サポートハードウェアの多様性と選択肢
・コネクションプロトコルの優位性
・プロビジョニング
・価格

私のなかでは VDI では vmware, citrix, redhat の3強で sun は入らないのですが、どの点で sun の強みがあるのですか?

Henrich さん、どうせですので、この辺を弊社の技術系と営業系の人たちに聞いています。別スレッドでブログにしますので、出来たらお知らせします。

コメントを投稿する