オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

iPhoneを楽器として使う場合に注意すべき点

»

 きょう、Apple Store銀座でiPhone/iPadアプリのライブをやってきました。

・iPhone & iPad アプリ・ミュージック・フェスティバル in JAPAN / iPhone & iPad Apps Music Festival in JAPAN

 マネトロンズというバンドでEZ100にiPhone 3台を付けて、PocketGuitar、iShred、Guitarを演奏。聖地エルサレムではボーカルをとりました。

 もともと完全な演奏というのは無理だとは思っていたんですが、大失敗してしまいました。

 iPhoneを楽器として使うなら、スリープ解除しておくこと!

 フライトモードにしておいて、途中でプッシュ通知が入らないようにするのは当然ですが、3台のうち1台(iPhone 4)だけ、スリープ加除を忘れていたのです。練習とかリハのときは問題なかったんですが、ギターソロの出だしのところでいきなりブラックアウト。スリープ解除の画面を演奏中に出してしまうというていたらく。

 同じようなことをする人がいるかもしれないので、いちおうアドバイス。

 他の方々の演奏はどれもすばらしかったです。このあたりは四本さんが記事にまとめてくれると思うので、期待しておきます。

 まあ、「Apple Store銀座のステージで歌う」という野望は達成できたので、自分的には大満足です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する