オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

初音ミクmeetsカオシレーターな「ミクシレーター」をつくった

»

 昨日書いた、iPhoneに偽KAOSSILATOR登場佐々木さんのすごくカッコいい「12 Bars Blues」ハードロック版を堪能したので、こちらも改造してみました。音源を初音ミクに入れ替えた、「ミクシレーター」です。

 合計50個のWAVファイルを配置するわけですが、横軸にはブルーノートを10音階。縦軸は発音する言葉を変えました。

 具体的には、「だー」「どぅー」「でぃー」と、「でぃー」のピッチベンドアップするやつと、「だー」のピッチベンドダウンするやつ。

 これを組み合わせてグリグリすると、高速スキャットをしているふうになります。これは、鍵盤楽器ではちょっと無理なかんじの演奏。VSTiで初音ミクをリアルタイム演奏しても難しいのではないでしょうか。

 コルグのX-Yパッドは、横軸はたいてい音階ですけど、縦軸は音色ごとの自由な設定になっています。本家KAOSSILATORのディレイラマっぽい音色、L11は上下方向にフォルマントが変わるパラメータが割り当てているので、ミクシレーターはこれに近いかんじ。

 ただ、ベンドアップとベンドダウンを組み込んだところが一工夫したところです。

 今回はブルーノートだけにしましたが、ありうる方法としては、異なるスケール、ドリアン、イオニアン、メロディックマイナーといったものを上下方向に割り当てて、自在なメロディーラインを駆使するといったこともできるのではないでしょうか。

 鍵盤に固定されないインタフェースというのは実におもしろいですね。タッチパネルによるインタフェース構築というのはまだまだ可能性があるのだなと気づかされます。

 たとえば、KAOSSILATORのスケール固定。これは間違ったノートを出さないという、画期的な手法ですが、iPhoneの予測変換もある意味近い。間違った入力をしにくい、できないインタフェースというのが小型タッチパネルPCでは登場するかもしれません。D4はどうかな? と、無理矢理IT系の話に戻してみました。

関連記事:
MooCowMusicのBandでHardRockにトライ!
iPhoneの「楽器・初音ミク」でブルースをうたってもらった
iPhoneに偽KAOSSILATOR登場

追記:リクエストがありましたので、ミクの音源部のみをサンプルとして公開してみます。mikusilator.lzhをダウンロード

Comment(3)

コメント

まる

いつも楽しく読ませていただいています
カオシレーターで遊んでいて
自分の好きな音をいれれたら面白いだろうとは
思っていましたがこのような方法で
実現できると知って感激しました
そして今回公開された動画をみて
面白いこともできるのかと感服しました
もしよろしければその初音ミクのボイスファイルも
公開していただけないでしょうか
この斬新な楽器で何ができるのか
とても興味があります
よろしくお願いします

koya

まるさん、喜んでいただいてうれしいです。ボイスファイルをLHAでアーカイブしたものをサンプルとしてアップしてみました。楽器として公開するのはクリプトンの規約上差し障りがありますが、これならだいじょうぶかと。必要があれば、definitionファイルも公開します。

まる

ファイルいただきました。ありがとうございます
早速実装しましたがとても楽しいです
最初からまとまりやすい音を選ぶことで
ハズレの少ない演奏ができるというのも画期的でした
よろしければブルース・スキャットのほうも
公開していただけるとうれしいです
楽しい記事を読んで
それが自分でもすぐ体験できるというのは
とてもうれしいものです
これからも面白い記事を期待しています

コメントを投稿する