オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Apple TVを“Take 2”にしてみたよ:インストール編

»

 Apple TVを“Take 2”にアップデートしました。アップデートそのものは1分以内に終了。

 すると、「いますぐアップデート」するか「後でアップデート」するか聞いてくるので、「いますぐ」を選び、再起動。

 そして銀色のAppleロゴが表示され、しばらくたつと、再起動され、言語を選ぶ画面が表示されます。ここで日本語を選び、「Apple TV Recovery」という画面へ。「再起動」「診断プログラムを実行」「出荷時の状態に復元」から、当然「再起動」を選びます。

 再びAppleロゴ。例の美しいアニメーションが表示され、新しいユーザーインタフェースのApple TV“Take 2”になります。なったはず。

 いや、この時点では表示に違いは感じられません。

 そこでバージョンを確認。1.1のままでした。がっくし。もう一度さきほどの作業を繰り返します。

 今度はアップデートのプログレスバーが表示されました。いったいさっきのは何だったんでしょう。本当のアップデートはわりと時間がかかりました。

 これまでと似ているようで違うアニメーション。圧倒的な数の画面がなにやらうねっています。オーロラっぽい発色はLeopardの画面っぽい。そして、2カラムのよりコンパクトな“Take 2”新メニューへ変わっています。

 まず試してみたのが、YouTubeでの検索。残念ながら、日本語キーボードがまだサポートされていません。これはすごく残念。ほかの検索画面も同じみたい。

 映画レンタル、購入は直接Apple TVから行なえるようになっています。HD用のレンタルボタンも用意されています。ただし、これは当然ながら米国アカウントのみ。

 まずはここまで。後ほど続きを書きます。

関連記事:
Apple TVを“Take 2”にしてみたよ:実はポッドキャストがいちばんスゴイかも編
Apple TVを“Take 2”にしてみたよ:1080pでFlickr編
Apple TV、映画レンタル対応のアップデート開始

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する