オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

stevenote、今回の目玉はApple TVアップグレード

»

 iSightを使ったモーションジェスチャーとの予想は予想どおり大外れ。来年の1月に延期しておきます。でも、トラックパッドのジェスチャー機能が増えたのはうれしい。これでやっとiPhoneやiPod touchに追いついたというわけですね。

 いろんなところで聞かれると思うので最初に書いておくけど、MacBook Airはいつか買います。でも今ではない。外でPCを開くことがなくなったので、持ち歩いていないんですよ。外にでるのは基本的に通勤で、通勤も基本が自転車なんで。

 

 と資金的な問題ではないことを強調しつつ、今回のMacworld Expo基調講演“stevenote”。私的目玉は、このAirではなくてApple TVでした。

 MacBook Air。オルタナブロガーで買った人買いそうな人もいますが、くやしくないんだから。あ、目から汗が……。わたしはオルタナブロガー中、最終的に5人くらいは購入するのではないかとみてます。

 Apple TVは、待望のiTunes Storeスタンドアロン購入や、ポッドキャストへのダイレクトサブスクリプション、Flickrと、相当に機能アップしています。

 さらに映画レンタル。2.99ドルからというのはわりとリーズナブルなのではないでしょうか。Appleのサービスはほかのものと違う「ゆるさ」があるのですが、それは、申し込み後30日まで開封することができる、というところ。ただし、開封しちゃったら24時間以内に見なきゃいけない。

 ここはもう少しゆるくてもいいんじゃないかという気がします。とはいえ、通常のVODだと、購入から24時間以内に視聴をすませなければいけないので、「買ったのはいいけど、実際に見るのは先のばしにしたい」という場合にはいいのではないでしょうか。

 もう1つ期待したい「ゆるさ」は、このレンタルサービスがiTunes Storeのコンテンツのリージョン制限並みだといいなあ、ということです。

 レンタル開始に合わせて、iPhoneなどで二重音声に対応を果たすようです。ドルビーサラウンドよりもこちらのほうがうれしい。

 iTunesにビデオ機能がついたときから指摘していたことですが、それが今度のiTunesアップデートでようやく対応されることにもなるわけで。

 2週間以内にApple TVのファームウェアがアップデートされるということなので、そのときにまたレポートしますね。

関連記事:
Apple TVが、無償アップグレードで映画レンタルに対応



Comment(2)

コメント

今まで熱望していたMac OS Xモバイルノートも現実になると確かに微妙ですね。
アップルならめちゃめちゃハイスペックのモバイルノートを出してくれると言う幻想がありましたが、やはり常識の範囲内で高めという程度のスペック。
もちろんVistaよりMac OS Xの方が軽快に使えるというのはあるかもしれませんが、2GHzは越えて欲しかった。
5月にintelの低電圧版CPUのアップデートがあるそうなので、それまで待とうという気分です。
Apple TVも日本でムービーレンタルが始まるまでは買っても使い道が、、、、Time Capsuleはすぐ欲しいですが。
やはりアドビ買収の方が面白かったです。

koya

日本でもレンタルはやいところ始めてほしいですよね。ところで、Adobe AIRがこのタイミングでバージョンアップしてます(笑)

コメントを投稿する