オルタナティブ・ブログ > Planet GEEK >

社会的にアレな人に最適化されたブログ

Mac信者になれると聞いてMacBook Airを注文してみました

»

MacBook Airキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
Fig1_3
この日のためにMacBookを買うのを我慢していたかいがありました。MacBook AirかわいいよMacBook Air。
1280 x 800ピクセルの13.3インチクリアワイドスクリーンを備えつつ、1.36キロはにとどめてくれたことにまずは感謝。

オプションの64GバイトSSDが12万円以上したり、USBポートが1個しかなかったり、メモリがPC2-5300だったり、無線LAN利用が前提だったり、電源アダプタの写真がなかったりと幾つか不安なこともあるけれど、Mac信者の通過儀礼と思ってスルー。リモートのドライブをマウントするリモートディスク機能も悪くないけど、やっぱり光学ドライブつけてほしかったな……。半年後には45nmのCPU搭載するのかな……。

でもまぁとりあえず購入。ありがとうさようならレッツノート。

Comment(4)

コメント

んんん

購入おめでとう。
薄いのは凄い!けれど、メモリはオンボード固定(増やせない)、見た限り筐体は華奢、ヒンジが弱々しい感じがします。
贅沢を言うレベルではないのでしょうけれど、G4 Cubeのような冷や水現象が現れなければいいなあと思っています。
買った限りは末永く使ってください。それこそLohas、地球温暖化への抵抗です。

Semi

分かってる側へようこそw
Welcome to the club :)

kuma

「ありがとうさようならレッツノート」、私と同じですね。
他のブログにもコメントしましたが、Airは現時点でほぼ完璧な仕様ですよ。完璧と思わないのであれば、選択肢が間違っているのでしょう。いろんなサイトで不満を漏らしてる方の理由を見るとproを選べばいいのにと思ってしまいます。
 私はノートPCを10年以上、10台以上使ってきました。当時、夢を見てたくさんのソフトをインストールしたもんです。でも、結局、使うのは限られてきて、今ではスカイプ、メール、ITブラウザ、office、仕事のソフト(2本)、そしてエディタやビュアーなどのツールぐらいです。これは、PCが普及して使い方が定着してきた一般的なものではないでしょうか。大抵の人がこれで事足りると思います。そしてこれらは十分airに入りますし、快適に使えるものばかりです。(仕事のソフトを除く)
 今の時代、問題なのは、回線速度とデータの肥大化ではないでしょうか。回線は言うまでも無く、早ければ早いほど快適なものです。しかし、有線ではノートPCに足かせを付けているようなもので、モバイルのメリットが半減してしまいます。一方、データとして扱える情報が増えてきた今日、データ容量は増える一方で記憶媒体の大容量化は日々増すばかりです。これではハード物理容量も大きく重くなってしまうのは当然の成り行きです。私のレッツノートは、80ギガのうちOSとアプリケーションが占める容量は20ギガ程度、データ容量は40ギガにも達します。(これでも少ない方だと思います)
 これらの二つの問題点をモバイル性を損なわずに、解決させたのが、無線の強化とデータ用の外部記憶装置の切り離し(Time Capsule)なのは周知の通りです。
 そもそも、ディスプレイ、キーボードなどのユーザーインターフェースにいろんな機能をくっつけて高機能化とモバイル性を両立しようとしている矛盾に歯止めをかけた新しい分野というか、正しい進化に戻したモバイルPCと思います。いろんなものが排除されたのは、正しくて、むしろ評価に値すると思います。ハードに関しては一切の妥協は無いと言うのは納得できます。
 しかし、しかしですね、(ここから文句です)、そのインフラ環境においてアップルが中途半端なのはゆがめません。それは(Time Capsule)が基本ローカルネットワークのみであり、インターネットなどの外からのアクセスには、従来からあるiMACへの参加間口を価格を下げるなどして広げたり、バッファロー(ストレージメーカー)のように、ハード購入者は無償で提供したりするような措置に触れてないことです。これでは、せっかくの新たな提案も説得力半減と思いませんか?
 airは注文したものの、NASをどうしようか未だに未解決・・・。

 バッファローは読み取りのみですし・・・
 iMACはTime Capsuleだけで出来るか調べてない・・・というか、高くて論外ですし・・・
 いっそ、そのときに使うデータだけ入れ替えればと言う気もしますし・・・

贅沢な悩みかも知れません・・・。

とりあえずは、

「今までありがとうレッツノート、
    よろしく、ジョブス!、
        さようなら、ゲイツ。」

にす

> kuma
大いに共感します。
Airが届いてから、まだそれほど使っていませんが、予想通りレッツノートとは使い方が大きく変わりました。

レッツでは、サブマシンとしてメインマシンとほぼ同様の環境をインストールしていたので、アプリケーションによってはかなり使いにくいものがありました(Photoshopとかね)。

Airにしてからは、メインマシンとの間をつなぐX端末的な使い方をしていたりするので、ネットワークさえつながっている限り、ほとんど不満はありません。出先のホテルなどで、無線LANが入っていないところだと半狂乱になるくらいです。まぁ、こういう場合も、「ま、いいか」と割り切るようになったのが自分的にはMac信者に近づけたような気がしています。

結論としては、Airには満足しているけど、無線LANがもっと普及してくれたらうれしいなぁとぼんやり思うくらいですかね。

コメントを投稿する