オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

米国ニュースではVOCALOIDがほぼ存在していない件

»

 これだけ日本で流行している初音ミクのことだから、きっと世界でも大反響を呼ぶに違いない……。そんな期待のもとに、Google NewsでVOCALOIDキーワードを設定してRSS購読しているのですが、ほとんどひっかかりません。悲しいことに、それが現実のようです。

 でもつい先日、CNETのブロガーがこんな記事を書いているのを発見。

An android girl who can really sing

Presently, the hottest girl in town is Ms Hatsune Miku. She is in music business, er... sort of, that's for sure.

 日本のCNETは読者ブロガーも含めてみっくみくにされてるけど、ついに米国もか、と思ったところ、この記事を書いているのは日本人ということが判明。

 筆者は、我が母校である東京外語大AA研の元教授、松下周二氏で、このブログでは「モバイル・オジサン」を名乗っている。かっこよすぎる。CNET Asiaではこういうふうに各国のブロガーがそれぞれのお国のIT事情をとりあげているらしいです。ということで、これはRSS購読リストに追加。TOKYOMANGOとか、日本のガジェットを取り上げてる英語のサイトって視点が違ってておもしろいですね。

 ちょっと前にさかのぼっても、ゲームニュースサイトのKotakuが取り上げているくらい。あとはGizmodoくらいか。

Cute Virtual Idol Sings Portal Song

「VOCALOID 2」日本のアニソン・ジェネレーター(動画)原文

 ソーシャルニュースサイトのDiggでも、VOCALOIDキーワードでは“VOCALOID2 Hatsune Miku sing Ievan Polkka”が最大の4 diggs。ほとんどが1 digg

 中国のWikipediaの熱さともえらい温度差ですね。

§§§

 なぜこれだけの差があるのでしょうか?

 VOCALOID関連のGoogle Newsをタイムライン表示で見てみると、こんなふうになります

 2003年には、NewScientist.comで、“Software puts world-class soul singers on tap”という記事が掲載されています。

Vocaloid tackles this problem by breaking the human voice into 2500 phonemes, or syllables. To encode a voice, Zero-G's engineers record the waveforms produced when each of these phonemes is sung at four different pitches - a process that takes five working days.

 このころは、収録に5日もかかってたんですね。たいへんだあ。英語と日本語の違いはあるだろうけど、初音ミクは2日だったそうですからずいぶん技術は進歩したんだなあ。と感慨に浸りつつも、やはりニュースとして取り上げられていたのは2003年くらい。2004年にはシンセ関連雑誌のみが掲載。

 技術的なところは2003年のLola、Leonからそんなに違わないから取り上げるだけの理由がない、ということなんでしょうかね。ちなみに、Sweet Annもぜんぜん出てきません。

 でも、そもそも日本のポピュラーミュージックなんか、米国ニュースではぜんぜん取り上げられないんだから、これで普通なのかも。

 米国のニュースメディアで大々的に取り上げるようになるのはいつになるのでしょうか。今後も注意深く見ていきたいと思います。

Comment(6)

コメント

wms

イギリスの音楽サイト「Music Thing」では9月17日と、かなり早くに一度とりあげてますけどね。読者のコメントの反応も悪くないです。

「Insane Japanese/Finnish anime mashup: Vocaloid 2 singing Leekspin」
http://musicthing.blogspot.com/2007/09/insane-japanesefinnish-anime-mashup.html

この個人ブログは、Gizmodoもネタ元によく使っているぐらいなので、世界中でそれなりの人がそういうものがあるという認識はあるような気がしなくもないのですが…。

おおた

「これだけ日本で流行している」という認識自体がどうかなぁ、と最近のこの「ブーム」を横から眺めていて思うことがあります。同じことをSecond Lifeで言ったら総叩きに遭うのに、やはりこれが「かわいい子は得だ」ということなのか…(笑)(違います)。

名無し

俺も時々yahoo NewsでHatsune Mikuの名前を検索してますよww
アニメフォーラムではvocaloidをウォッチしてる英語圏の人がいるみたいですよ
http://forums.animesuki.com/showthread.php?t=54410

koya

wmsさん、cubeさん、名無しさん、リンクありがとうございます。英国はZero-Gの本拠地だけあって情報があるようですね。CNETのポッドキャストは放送直後にわたしも聴いてました。animesukiフォーラムはけっこうな情報量ですね。nicovideoで流行ってるってのが非関税障壁になってる気がします。
おおたさん、「かわいい子は得だ」……。まさにそのとおりですね。やはりSecond Lifeはモデリングを萌え化可能にすべきではないかと(笑)

ななし

ここを見るとアメリカでの受け取られ方が分かるようです。
http://japan.cnet.com/blog/onuka/2007/11/07/entry_25001304/
「アメリカの南部を中心とする原理主義キリスト教徒(Fundamentalist)は”人間は神の姿を似せて作られた聖なる存在で、動物や植物、まして機械などと一緒にするなんて許せない”と言う気持ちが強く、アニメやバーチャルタレント、ロボット等にたいする感覚が日本人とは大分違います。 東部の Liberal派やCalifornia等はもっと自由ですが。 アメリカ人の多くはかなり保守的です。 Bushが2期やれたのもそのせいではあるのですが」

コメントを投稿する