オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

日本でMacが売れない理由

»

 Leopardにしてから、Safariのクラッシュが異常に増えていると、さきほど息子と話していました。同じ症状の人、います?

→自己レス:必須プラグインであるSafariStandがL151にバージョンアップされていて、それでFlashとの互換性問題が解消されているもよう。これで解決かな? 「SafariStand命」な人はぜひアップデートを。

 さて、APの最新記事“PCs being pushed aside in Japan”はPC関係者必読。

 「PCは携帯に取って代わられた」「若者はPCを買うということを選択肢に入れていない」「会社が終わるとPCは触らない」などなど、これまで言われてきたことの集大成なんですが、5四半期連続での出荷台数減少というのはさすがに痛い。

 日立のPC製造撤退のニュースもそれを裏打ちするもの。実際、PC販売で好調なところはほとんどないですよね。

 世界的にイケイケGOGOのAppleの四半期業績発表で、主要市場の中で日本だけがMacの売上台数を落としていることが問題視されましたが、これは、Macの問題ではなく、日本のPC市場全体の問題だったのかもしれません。つまり、いくらMacに勢いがあってもこの市場じゃあ、ってこと。

 一方、サービス面でも、もっとも勢いがあるSNSはMobagay Townであるとされています。

 あれ? モバゲーって英文表記ってMobagay Townでしたっけ?

 これは誤解されるのではないかと思い、ググってみたらやはり、ゲイ専門SNSの「モバゲイTOWN」というのがトップにきました。

 うーん、これは世界的に日本が誤解されるかも……。

 いろいろ考えさせられる記事でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する