オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

新型コロナウイルス感染症の影響でICT市場はどう変わるのか

»

IDC Japan は2020年7月6日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新状況を考慮した国内ICT市場予測のアップデート」を発表しました。

IDCの調査によると2020年の国内ICT市場(支出額ベース)は、前年比5.3%減で、27兆5,927億円と予測しています。

コメント 2020-07-09 220821.jpg

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場の前年比成長率の予測アップデート: 2019年~2021年

出所:IDC Japan 2020.7

2020年における国内ICT市場(支出額ベース)の製品セグメントごとの前年比市場成長率のアップデートは、

スマートフォン/PC/タブレットなどのDevicesがマイナス20.8%(前回予測比3.5ポイント増)
サーバー/ストレージ/IaaS/ネットワークなどのInfrastructureがマイナス2.9%(同1.0ポイント増)
Softwareがマイナス0.8%(同1.4ポイント減)
IT Servicesがマイナス3.0%(同0.2ポイント減)
Telecom Servicesがマイナス0.5%(同0.7ポイント増)

と予測しています。

DevicesとInfrastructureのハードウェア市場は、

サプライチェーンの混乱が4月の予測時点から改善しつつある点や、GIGAスクールやテレワークの進展に伴う、PCやタブレットの需要回復が進んでいることから、前回予測から改善しています。

Softwareは、

クラウドサービスは堅調ではあるもののオンプレミス中心のプロジェクトの延期/中止がさらに進んでおり、前回よりも下方修正しています。

マネージドサービスを提供するIT Servicesの影響は引き続き軽微となっています。

Telecom Servicesは、また、テレワークの進展によって、前回の予測から改善されています。

2021年に向けては、グローバルなサプライチェーンの回復に伴い、テレワークの定着によるPCやタブレットなどのDevices市場、クラウドサービス事業者の継続的な投資対象であるサーバーやネットワークといったInfrastructureなどのハードウェア市場を中心に堅調に回復すると予測しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する