オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

GoogleのPixelたちが日本に来るのは、日本語をマスターしてからだと思う

»

今日はGoogleがたくさん(5種類)のハードウェアを発表しました。一番注目されているのは新しいオリジナルブランド「Pixel」を冠したスマートフォンでしょう。nexus.jpg

Googleは少なくとも過去2モデル(Nexus 5、Nexus 5X)は、発表とほぼ同時に日本のGoogleストアでも発売しました。だから、Pixelもすぐに買えるものと思い、高いのに困ったなー物入りだな~とわくわくしていたのですが。

今回は最初の販売地域に日本が含まれていません。日本のGoogleストアには「現在、提供していません」と冷たい一言。がーん。

Pixelのウリの1つはAIパーソナルアシスタント「Googleアシスタント」なんです。というか、10月4日の発表イベントを見た感じ、イベントの主役は「Googleアシスタント」で、Pixelくんたちはその乗り物の1つに過ぎない、くらいでした。

で、Googleアシスタントはまだ日本語が話せないんです。それは、Googleアシスタントが搭載される最初の製品(アプリ)であるGoogle Alloから分かります。

日本語で話しかけると、「すみません、日本語はまだ勉強中です。」と答えるので。allo.jpg

看板機能が使えなければ、まだ販売できないですね。そんなわけで、これからときどきAlloのGoogleアシスタントに日本語で話しかけて、ちゃんと応えられるようになる日を待つことにします。

Nexusブランドが終了するのであれば、仕事柄早くPixelが欲しいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する