オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

音声入力でブログを書いてみたら、聞き取りはばっちりだけど自分の問題で難しかった

»

最近誰だったか、ブログを書くのに大体のことは音声入力しておいて、それを後でエディタで編集するって書いていたので、やってみようかなと思いました。

voicerecording.jpg

今回のブログは、そうやって音声入力したテキストに加筆しています(右は、入力したオリジナルの画像です)。

これは google keep の音声入力を使いました。改行や句読点は入れられないので、「タップして一時停止 」しながら入力するか、一気に入力して後で句読点などを追加するなりすればいいようです。

問題なのは、私は通常は書きながら文章を考えるのですが、音声入力だとそういうことが難しいのです。ブログの文章がすらすらと口頭で出てくる人って、よほど頭がいいんじゃないかと思います。

例えばFacebookメッセンジャーなどでの受け答え程度の長さであれば、スマートフォンだったら手入力より音声の方が楽なので、家にいるときはもっぱら音声入力にしていますが、ブログはなんだかハードルがもっとずっと高い気がします。

話は少しずれますが(思い出したので書いちゃいますが)、昔のドラマ、ツインピークスでカイル・マクラクラン扮するデイル・クーパー捜査官が、思いついたことをボイスレコーダーに入力していましたけど、見るたび「いつどんなメモをしたか、どうやって探すんだろう。コロンボのぼろいメモ帳の方が便利そうだ」と思ったものでした。今なら録音をはしからテキスト化してもらえるので、検索もらくらくでコロンボのメモより便利そうです。cooper.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する