オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Windows 10正規版ぬか喜び事件のもやもやについて

»

「Windows 10のインサイダープログラム参加者でISOからクリーンインストールした場合も正規版にアップグレードできます」というMicrosoftの公式ブログ(現在は改定されています)の記述に基いて、記事に「もしかしてWindows XPからもこの方法でならアップグレードできるのかも」と書いてしまい、すみませんでした。

その後、公式ブログが大幅に書き換えられたので、それに基いて記事を修正し、新しい記事も書いてそこでも謝罪しました。

このブログは個人として、アイティメディアとは関係ない立場として書いているので、ここで謝るのもちょっと違うんですが、なんでこんなことになったかを言い訳説明したいと思ったもんで。

久しぶりにかなり長くダンゴムシになってました。

でも、私だけがまぬけだったならともかく、Ars TechnicaZDNetThe Vergeなど、名だたるメディアが「XPからも正規版にアップグレードできるということだ」って書いたんです。

だって、Microsoftのゲイブ・オウルさんは誤解を招いた公式ブログについてのツイートのスレッドで「それって、タダってこと?!」「そういうことじゃないかな」とユーザー同士が話していても放置しています。

極めつけは、Ars Technicaのピーター・ブライト記者の「はっきりさせたいんだけど。ビルド10130をインストールして、RTMにアップグレードしたら、そのまま正規版としてライセンス承認されるの? 無料で? ずっと?」というツイートに、「10130をインストールして、インサイダープログラムに登録してあるMSAと接続して、RTMにアップグレードすれば正規版のままだよ」と答えています。

これを読んで、無料だと思うなというのは酷ではないでしょうか。

でも、今読み返すと、オウルさんはまるでどこかの国の国会答弁のように、慎重に、嘘はついていないんです。でもこれって誘導しているように私には見える。

なんでこんな、誤解を招くようなことをしたんでしょう。誰得なんでしょう。

オウルさんは改定後の公式ブログで「言いたかったのは、Insider Programの参加者は、正規版リリース後もそのままプレビュー版を使い続けることもできるってことだったんだよね」と言ってます。

これはこっそり公式ブログから「そのままactivated(ライセンス承認される)」という単語を削除したことの説明にはなっていないと思うし、釈然としませんが、それを真に受けましょうか。

でも実際のところ、ずっとプレビュー版を使い続けていても、仕事マシンでなければあまり支障はないと思います。Microsoftはメインマシンにインストールすることは勧めない、とは言っていますが、ホビーユーザーであれば、特に「Slow」アップデートを選んでおけば、それほど困ったことにはならないと思います(少なくとも今はあまり問題ないです)。

Insider Programがいつまで続くかは誰にも分かりませんが、FirefoxやChromeブラウザのように、フィードバックを受けるためにずっと続けるんじゃないかと思います。であれば、あくまでも自己責任ではありますが、β版のWindows 10をずっと使い続けられるってことだと思います。

私は正規版にアップグレードできるマシンを2台持っているので、1台は1年以内に正規版にして、もう1台はずっとプレビュー版を入れていこうと思います。

Comment(2)

コメント

ふるき

いつもたのしく読ませていただいてます。
私も惑わされました。英語バリバリの人と同じレベルで惑ったことを誇りにしてみたいです。
話題作りだったんですかね?

コメントを投稿する