オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

採用したらそういえば女性だった、という世の中になるといいな

»

米連邦政府の3代目CTOとして、Googleのミーガン・スミスさん(50)が指名されました。そういえば、女性です。

記事にも書きましたが、MITで機械工学を学んだばりばりの理系で、メディアラボにいたこともあります。政府のCTOなんかよりGoogle Xにいた方が楽しそうなのになぁ、とも思いますが、Googleにとっては政府とのパイプができて好都合かも。

どこかの国の政府が急に女性閣僚を増やしたり(女性活躍担当相ってすごいネーミングですね)しているのとちょっと違いそうです。オバマ大統領、中間選挙で失敗するかもしれない大事な時期なので、多少は女性の支持アップを計算に入れてるかもしれませんが、CTOとして優秀な人材を探していたら、結果的にこの人に白羽の矢が立っちゃったって感じだと思います。

スミスさんはまた、同性愛者であることでも知られています。2008年、カリフォルニア州で同性結婚が合法化された際、Re/codeの豪腕ジャーナリスト、カーラ・スウィッシャー女史と結婚しました(その後「separate」したとカーラさんは言ってますが、法的に離婚したのかどうかは不明)

Gettyimagesに家族写真がありました。

政府のCTOとなると、カリフォルニアからワシントンD.C.に引っ越さなければなりません。どうやら単身赴任ではなく、ミーガンさんが子どもたちを連れて行くようです。カーラさんがツイートしてました。画像の右端がミーガンさんです。

Comment(1)

コメント

TETSU

日本だとまだまだ難しいところもあるのでしょうね。
優秀な人だけ選ぼうとしたら、逆に女性ばかりになったという話は聞いたことあるけど(^^;

女性の頭数を増やす為に、無理に増やすと変なことになりそうですが、経歴とかみてみると優秀な人が多く・・・そもそも閣僚選抜の方に問題がある気がしなくもないかなw
今の時代に当選回数で選ぶって方が・・長く続けているだけで無能な閣僚が出来てしまうことの方が多そうで・・・今の時代、女性で政治家になろうって人の方が、十分優秀な可能性の方が高いのかも?

コメントを投稿する