オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

人気急上昇の「Yo」、ハックされたけど解決

»

19日にじわじわくると紹介した「Yo」って言うだけのアプリ「Yo」がハッキングされました。

こういうことがあるので、アドレス帳の自動取り込みとかはしないようにしてるんです。しなくてよかったー。SIMも入ってない端末にインストールしたんで、電話番号も抜かれなかったし。

ハックしたのはジョージア大学の学生(米TechCrunchより)で、どちらかというとYoの開発者への警告のつもりでやってみせたって感じなので、実質的な被害は出ていないようです。

でもま、比較的簡単にユーザー情報を盗める穴が開いていたことは確か。学生から連絡を受けたYoはすぐに穴を塞いだと発表しました。

創業者のアーベルさん、「アプリがまだ立ち上げたばっかりの段階でハッキングされて、問題が解決するなんで僕達ラッキー」と言ってますが、まだ他にも穴はあるかもしれないんで、連絡先取り込み機能(Find Friends)は使わない方がよさそうです。

Yoには他にも問題があって、TwitterやFacebookのようなユーザー名の本人確認機能がないんです。だから、イーロン・マスクだのホワイトハウスだの、本物かどうかわからないユーザー名がいっぱい。こういうのもそのうち、解決するかもしれませんが。

そういえばハッキングが明るみに出る直前に、Yoが「WORLDCUPにYoするとワールドカップでどこかが点を入れるたびにYoがくるYo」って言ってたのでさっそくYoしてみたんですが、全然こないんですけど。これもにせものかなぁ。

などなど、いろいろ問題のあるYoですが、公開4日でユーザー数が100万人を突破したそうです。悪意あるハッカーに狙われないように、お願いしたいところです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する