オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「Microsoftを大事にしてね」とバルマーさんがつぶやいた

»

8月に1年以内にCEOを退任すると発表したMicrosoftのスティーブ・バルマーさん。9月の社員大会でのお別れパフォーマンスは彼らしく、思わずもらい泣きしちゃいました(文末に動画を貼っておきました)。

11月19日の株主総会で次期CEOの発表があるかもしれません。

Microsoftを本当に愛しているからこその退任ですが、本当は昨年10月にスタートして今進行中の「デバイス&サービス」企業へのシフトが完了するまで自分で引っ張って行きたかったと、Wall Street Journalの独占インタビューで語っています。

変革を終えたら身を引こうと思ったのに(次期CEO候補の1人、フォードのアラン・ムラーリーCEOはバルマーさんが考えていた後継者らしい)、取締役会から「あんたはのろますぎるんだよっ」と引導を渡されたような形です。バルマーさんの変革アイデアは気に入ったけど、そのスピードは受け入れられないと。

取締役会から再三せかされたバルマーさん、ずっと幹部を巻き込んでスピードアップしようと頑張ってきましたが、幹部も改革に戸惑ってなかなかスピードアップできませんでした。「私が幹部たちを、森を見るより木を見るように育ててしまった」と反省しています。

そんなある日、5月にロンドン滞在中にエアポケットのようにできた自由時間に、初めて引退について具体的に考えたそうです。「Microsoftが変わるためには、これまでのパターンを壊す必要がある。そして、私こそが壊すべきパターンなんだ」

欧州から帰った翌日、取締役のジョン・トンプソンに打ち明けちゃった。6月の取締役会でカミングアウトしたときには、あと数年はとどまりたいと言ったんですが、8月21日の電話会議で1年以内の退任という話になっちゃいました。

まだ一番下の息子は高校生なんですけど。まあ大株主だし、教育費に困ることはないですが。家族は彼がいかにMicrosoftを愛してるかを知っているので、退任すると打ち明けられたときはみんな泣いたそうです。いい家族だ。

バルマーさんには既に次の仕事のオファー(大学講師や息子の高校のバスケットボールチームの監督も含め)がきているけれど、半年は何もしないそうです。

この記事は、バルマーさんが最近の幹部会で次期CEOの話をしながら感極まり、自分の席に戻ってくるっと壁側を向いて小さな声で「どうかMicrosoftを大事にしてね」と言った場面で終わります。うるうる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する