オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Firefox 100が出るのはたぶん2023年ごろ

»
先ほど、「AppleはiPhoneのネーミングをシンプルに数字のカウントだけにした方がいいと思う」というケン・シーガルさんの意見を記事にしたんですが、それも一理あると思います。

Appleが「新しいiPad」というモデル名を発表したときには衝撃を受けました。メディア関係者のはしくれとしては、ネーミングはなるべく間違えにくく、シンプルにしてほしいところ。「iPhone 4S」の“S”もどういう意味?って感じです。

一般に、バージョンナンバーはちょこっとした更新だと小数点以下にするというしきたりになっていますが、その更新が「ちょこっと」かどうかはかなり主観的なものなので、リリースするものは全部1ずつ数字を増やすことにする、というシーガルさんの方式はいい考えだと思います。

製品のバージョンには結構悩まされます。Mac OSも、漢字Talkだったころから覚えきれなくて困りました。

MicrosoftのWindowsも昔はWindows 3.0とかで分かりやすかったのが95になったりXPになったりで、Windows 8の次は8.1になるといううわさも。

そう考えると、MozillaのFirefoxのバージョンはすっきりと+1方式で清々しい。6週間サイクルでバージョンアップすると決めてから、多少のずれはあってもきちんとアップデートしています。たまに「そんなちょこっとした変更しかないのに新しいバージョン?」というときもありますが、分かりやすいです。

Firefoxはこのままいくと年に8.6回ずつくらいアップデートしていくので、2012年末か2023年にはバージョン100になります(ちゃんとは調べてないですが)。Firefox 100。別に問題ないです。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する