オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

マリッサさんがヒップホップ 市長選の豪華キャンペーン動画

»

Googleの才女、マリッサ・メイヤーさんが、だぶだぶTシャツにジーンズで踊っております。

Marissa

11月8日に投票のサンフランシスコ市長選挙に向けた、エド・リー候補のキャンペーンビデオの一場面です。MC Hammerのなつかしの「Too Legit To Quit」にのせて、サンフランシスコの有名人(MC Hammer自身も)がリー候補を推薦します。米国の選挙って不思議ですね。大統領選もほとんど娯楽状態(もちろん政策を検討して投票する冷静な人も多いと思いますが)。

この選挙、16人が立候補していて大変みたいですが、リー候補はIT系に理解があるということでメイヤーさんやYouTubeで製品開発を担当するハンター・ウォーク、Twitterのビズ・ストーン、IT系アーティストとして(?)知られるウィル・アイ・アムなどが応援しているようです。

リーさんは今、暫定市長ですが、Twitterが(税金とか高いのもあって)サンフランシスコを出ようとしたのを、交渉して引き留めに成功したことで注目を集めました。(市の公式サイトで「残ってくれてありがとう」と言ってます。)

ま、選挙は日本にいる私には関係ないんですが、動画は面白いのでここに貼ります。有名人満載。サンフランシスコ・ジャイアンツのブライアン・ウィルソン選手がかわいいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する