オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Googleの視覚デザインチームのリーダーが退社

»

 「データ偏重のGoogleではやっていけない」と言って、デザインチームのリーダーを3年務めたダグラス・ボウマンさんが3月20日、同社を辞めました。ボウマンさんは2000年にWired Newsのリニューアルにたずさわったほか、キャセイ航空やCapgeminiなどのサイトデザインも手掛けた人気デザイナーです。2002年にWiredを辞めた後、Stopdesignという会社を立ち上げ、2006年からGoogleにフルタイムで勤務し、BloggerやGoogle Calendarのデザインを担当しました。

 ボウマンさんは、「Googleで才能ある人たちと仕事をするのはとても楽しかったけれど、なんでもデータ中心に、工学的に決定していく同社のやり方でデザインしていくのは大変だった」とブログで述べています。ツールバーに使う青を決定するために41種類の青をテストしたり、罫線を3ピクセルにするか4ピクセルにするか5ピクセルにするかで討論するような環境ではデザインはできない、と。

 デザインとかユーザーインタフェースの良し悪しは、数値では測れないものだと思うので、ボウマンさんのフラストレーションは分かるような気がします。多分、Googleのカルチャーはエンジニア的で効果を数値で判断する傾向があるけれど、人間相手のサービスにはそれだけでは分からない部分があって、実はそれがものすごく大事なんだということがGoogleでは分かってもらえなかった、ということなんだと思います。

 ボウマンさんを失ったことがGoogleにとってどれだけ大きな損失なのかも、多分数値では測れないし、永遠に分からないことですね。

 本人にとって働きやすい環境で働くのが一番だしな、と思う澤でした。

Comment(2)

コメント

ゆきち

「デザインとかユーザーインタフェースの良し悪しは、数値では測れないもの」なんではなくて、そういう思い込みにチャレンジしたのがGoogleなんでは。世界数十億人を相手にサービスを展開するなら、そうした「感覚」よりも適切な方法があるだろうという見込みでGoogle全体が動いている気がします。このデザイナーさんにはお気の毒ですが。

sawa

> ゆきちさま

デザインの良し悪しが数値で測れるものかどうかというのは、インターネットだけでなく、製品に関する永久のテーマで、まだ答えは出ていないと思います。いずれにしても「方針の違い」での離別で、両者にとってよかったんではないでしょうか。

おっしゃるとおり、Googleほど相手にする人間が多いサービスで、ぜひ「数値で測る」方法を確立してほしいものです。でも、個人的には、優れたデザイナーの「感覚」を超えるのはなかなか難しいと思っております。

コメントを投稿する