オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ハマーを見捨てたシュワちゃん、エコなテスラの広告塔に

»

 3月にエコなスーパーカー「テスラ」いよいよ量産開始でご紹介したテスラがカリフォルニアに工場開設というわりとマイナーな記事を掲載。ほんとはハマーが大好きなシュワルツェネッガー知事も、世の中のエコエコな流れに乗って1台購入。記事に写真を載せましたが、テスラの記者発表にも顔を出しています。

 一方、かつてはシュワちゃんも乗り回していた、燃費の悪さで悪名高きハマーには身売りのうわさが。先月親会社のGMが、「いろいろ考え中」と株主に言ったそうです。夏にはピックアップの新車が出るのになぁ。買い手候補にはインドのタタなどの名前が挙がっています。

 エコなのはいいことかもしれませんが、なんだかちょっと息苦しい気がします。「いいこと」なだけにうっかり疑問を呈したりしにくいですが、「ちょっと待てよ」と思ってもバチはあたらんですよね。

 地中にCO2を埋めちゃえ作戦とか、なんか本能的に怖い気がする澤でした。

関連リンク
Tesla Motors、電気自動車製造でシュワルツェネッガー知事と合意
エコなスーパーカー「テスラ」いよいよ量産開始

Comment(3)

コメント

二酸化炭素を地中に埋めると、シュワちゃん主演の映画トータルリコールみたいに、後で爆発的に吹き出してきそうな。(笑) 失礼しました。

sawa

> テクネコさま

そぅですそぅです。なんだかいつか吹き出てきそうで。

トータルリコールで最後に青空になる直前の爆発ってなんで起きたんでしたっけ。もうほとんど記憶が断片的で、しかも「バトルランナー(ランニングマン)」と混じってるんです。。。

地下で固定化されていた空気を解凍する装置(古代エイリアンの遺跡)をシュワちゃんが起動させたのでした。
ランニングマンはいいですねー。売れる前のシュワちゃん映画は好きです。

コメントを投稿する