オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

エコなスーパーカー「テスラ」いよいよ量産開始

»

 10月発売予定がのびのびになって、ここで取り上げそこねていた電気自動車のテスラ・ロードスター、ついに量産開始だそうです。

 今までプリウスに乗っていた人たちは結構こちらに乗り換えるんじゃないでしょうか。Earth2Techによると、環境保護派としてアピールしているサンフランシスコ市のイケメン市長さんは買ったそうです。2008年型はもう予約完売(2009年型と合わせて予約は900台を超える)だそうですが、きっとGoogleの2人とか、ウォズニアックさんとかも予約してるんでしょう。基本価格9万8000ドル(ドル安の今ならたったの950万円)ということで、ロータスのスポーツカーとあまり変わらない感じです。

Yu_tesla

 それにしてもこんなかっこいいスポーツカーなのにリチウムイオン電池で動くなんて、しかも時速200キロ出せるなんて、走っているところを見ないと実感がわきません(見ても実感わかないと思うけど)。問題はスポーツカーの醍醐味であるエグゾースト音が出ないであろうこと。オプションで効果音をつけてほしいもんです。

 明日は祝日なので朝の速報配信はちょっと遅くなりますなんて業務連絡をここでしても……な澤でした。

関連記事
[WSJ] 「燃料電池車は本当に必要か?」――GMとトヨタが疑問符

Comment(2)

コメント

でんきや

電気レーシングカーが谷田部を走るところを目の当たりにしたことがありますが、空気を切り裂く音だけが聞こえてくるので「新横浜駅ホームを通過する新幹線」って感じでした。

sawa

> でんきやさま

なるほど、新幹線ですかー。
21日朝の「ニュースモーニングサテライト」でテスラが走るところを初めて見たのですが、なぜかバイクがぴったり併走していたので、どのくらい静かなのか分かりませんでした。
わざと?

コメントを投稿する