オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Wikipediaが本になる

»

 ドイツでWikipedia書籍化の話が進んでいると米各紙が報じています。

 出版元はBertelsmann傘下のRandom House。ドイツ語版Wikipediaの中でも検索回数が多い5万項目を収録するようです。

 AP通信によれば、書籍版は992ページで31.80ドル。収録する項目に関しては事実確認を行う予定。フリーライセンスで、配布、コピーは自由。BertelsmannはWikipedia運営元のWikimediaに、1部につき1.59ドルを支払うことで合意しています。Wikipediaのコンテンツはフリーなので払わなくてもいいのですが、ただ乗りしているように思われたくないからのようです。

 おもしろい試みだとは思いますが、検索性はWebの方がずっといいですし、あんまり売れなそうな気が……

 以上、広瀬でした。

関連リンク
Wikipediaを活用する方法トップ10
Wikipediaの項目数、1000万を突破

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する