オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

You Talkin' To Me?

»

 ソニー傘下の動画共有サイトGrouperがスタートした映画名場面集サービス「ScreenBites」(ITmedia記事)。Sony Picturesが権利を持つ映画のクリップを、MySpaceをはじめとするさまざまなSNS、ブログに「合法的に」張り付けられるという、YouTubeにはできない画期的なサービスです。

 ScreenBitesでは、SPEが所有する有名映画やテレビ番組から、有名シーンを選 んでビデオクリップとして提供する。ユーザーは、ビデオクリップを観るだけで なく、ブログやMySpaceなどのWebサイトに組み込むことも可能。また、クリック 1つでその映画の全編を購入できる機能も備えている。 「スパイダーマン」などの名場面をつまみ食いできるサービス開始

 とりあえず100個のムービーが用意されているようですが、サムネール画面が横方向に圧縮されていて見にくいです。検索結果がScreenBitesのものかどうかはクリックしてみないと分からないし。

 で、われわれの世代ならばこれだよな、というシーンが、記事中にもあるこれWikipedia)。YouTubeのように組み込みもできますが、映画会社公認なので、著作権の心配がないというところがいいですね。MySpaceへの組み込みボタンもついています。

 ちなみに、オプションにあるDownload To Ownは、IPアドレスで地域制限がかけられているもようで、日本からは利用できないようです。

ITmedia TOPICS:動画共有
YouTubeの可能性と危うさ
「スパイダーマン」などの名場面をつまみ食いできるサービス開始

 以上、松尾でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する