オルタナティブ・ブログ > ドイツの手帳メーカー「X47&X17」CEO、語る >

ドイツの手帳メーカーX47&X17のCEOビュットナーが、手帳とタイムマネージメントやビジネスのお話を中心にお伝えします。日本のビジネスマンのみなさまに、手帳を通じてドイツを身近に感じていただきたいと思います。

X47&X17  手帳カバー~初めてお使いいただく方に~

»

誠ブログ読者の皆様、X47&X17のビュットナーです。

今年も2月に入り、昨年末の大雪の影響で例年以上の厳しい寒さが来ると思われていましたが、実際は先週まで2月とは思えないほどの暖かい日が続いておりました。

しかし、昨晩から急に冷えこみ始め、今朝外を見ると一面真っ白。

これから春が訪れるまでの間、再びドイツらしい冬が戻ってきそうです。

 

さて、今まで3度に渡り弊社人気ナンバーワンリフィルであるウィークリーカレンダーについてご紹介させていただきましたが、今回は弊社の主役である手帳カバーを紹介したいと思います。

以前のブログで、X47の手帳カバーについては少しご紹介させていただきました。

私たちは、X47とX17という2種類の手帳シリーズを提供させていただいておりますが、X47はスプリングバーを使って、またX17はゴムバンドで手帳カバーにリフィルを取り付けるという違いがあります。

ではそのほかに何か違いがあるのでしょうか。

まずは素材。X47の商品には、牛革やシカ革などの高級な素材を使用しており、比較的ビジネスマンやビジネスウーマンの方々に好まれご使用いただいております。

色も基本的に、黒や茶色などのシックなものを提供させていただいております。

ではX17はというと、再生革レザーやナイロン系素材のものを使用しており、色も黄色や紫、黄緑など、種類によっては幅広く提供させていただいております。

次に、素材が違えば当然変わってくるもの。そう、価格です。

X47に比べてX17は、非常にお求めやすい価格になっております。

「今まで使ったことがないからどんなものか試しに使ってみたい。でも最初から高級革の手帳なんてちょっと気が引けるな...。」

「どんな感じか分からないし、いきなり高い買い物はちょっと...。」

そうお思いの皆様、

まずはX17を使ってみてください。一度ご使用いただければ、ブックバイブックシステムがどれほど便利で、弊社リフィルがどれだけ使いやすく、また手帳カバーの丈夫さも感じていただけると確信しております。

 

ということで、今回はX17の手帳シリーズの紹介をさせていただきます!

X17の手帳は、全6種類です。

・レザースキン

 その名の通り、ハイクオリティなレザー(革)を使用。しっとりと手に吸いつくような肌触りで頑丈。色は5種類。

・モードスキン

 再生皮革を使用。表面は滑らかで摩擦に強く、そのうえ頑丈。色は白や赤も含む4種類。

・ロードスキン

 ベロア風再生皮革を使用。見た目が、ロード(道)のように見えるためその名がつけられた。色は3種類。

・ナイルスキン

 ナイロンに似た素材を使用。弾力性があり頑丈だが、使い心地も抜群。色は赤や薄緑を含む5種類。 

・バラクロン

 モレスキンに似た素材にX17独自の改良を加えたものを使用。「ブラックインブラック」と呼ばれる通り、色は黒のみ。弊社一押しの人気商品。

・ハードスキン

 ポリプロピレンを使用。堅く頑丈で壊れにくい。透明色と不透明色を用意。色の種類は圧倒的に多く、紫、青、ライム、ラズベリーなど14種類。

また、バラクロンを除き全てA5、A6、A7の3種類のサイズを用意させていただいております。(バラクロンのみA5、A6)

 

簡単に紹介させていただきましたが、X17HPサイトでは更に詳しく説明させていただいておりますので、是非ご覧ください!

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する