オルタナティブ・ブログ > ドイツの手帳メーカー「X47&X17」CEO、語る >

ドイツの手帳メーカーX47&X17のCEOビュットナーが、手帳とタイムマネージメントやビジネスのお話を中心にお伝えします。日本のビジネスマンのみなさまに、手帳を通じてドイツを身近に感じていただきたいと思います。

X47&X17の提唱するタイムマネージメント ~より使いやすいウィークリーカレンダーを目指して~ Vol.3

»

誠ブログ読者の皆様、X47&X17のビュットナーです。

 

明けましておめでとうございます。2011年始まってもうすぐ2週間が過ぎますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

 

 

昨年は、例年に比べヨーロッパは寒波の影響でたくさん雪が降りました。今年に入り、1月2月は例年以上に大雪になることが予想されますが、雪に負けることなく、更なる飛躍の年にする為に頑張っていきたいと思っております。

皆様にとって、2011年が素晴らしい1年になりますことを、心より願っております。

 

それでは早速、前々回のブログに引き続き、弊社が提唱するタイムマネージメント、ウィークリーカレンダーについての第3弾をお送りしたいと思います。

 

http://www.x47.com/img/products/calendar-weekly/weekly-calendar-planner-detail-0900Uhr-290.jpg

 

http://www.x47.com/img/products/calendar-weekly/weekly-calendar-planner-detail-2000Uhr-290.jpg

 

 

こちらはウィークリーカレンダー(バーチカルタイプ)の上部を拡大したものです。

 

時間の記載は午前9時からスタートしています。もし、それ以前に予定があるのであれば、上部にスペースを用意してありますので、そこに書き込むことも可能です。

その日最後の時間区切りは午後8時になっています。もしその時間以降にも予定があるのであれば、こちらも同様、下部にもスペースがありますので、そこに書き込めます。

 

しかしながら、手帳自体の大きさによる違いは少なからずあります。

A5カレンダーはA6とA7リフィルに比べ、下段の書き込みスペースが多め(14行)にあり、A6には12行、A7は9行となっております。

また、A5サイズのウィークリーカレンダーは、午前7時から午後9時まで書き込めるスペースがあらかじめ記載されておりますので、仕事のタイプや好みで最適な大きさを選んでいただければと思います。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する