オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

お陰様でアークコミュニケーションズは15周年を迎えしました!

»

新しいことを始めるのが好きな私であるが、裏を返せば、同じものを継続するのは苦手だ。
しか~し、今日は、アークコミュニケーションズを設立して満15年である。
15年と言えば、人間でいえば、生まれたばかりで何もできないところから、中3の親に生意気なことを言う子供になったってことである。

当たり前のことながら、たった一人でここまで大きくしたのではない。
お客様、パートナー会社やフリーランスの方々、社員、社員を支える家族、と数えだしたらきりはない。
感謝の気持ちは、これからも、精進し、社会に貢献することで返します。

社外報funNOTEの15周年特集号は、創業以来ずっと私たちを仕事を通して育ててくださったダイヤモンド社のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集長へのインタビューです。ぜひご覧ください。

---------------------------------------------------
https://www.arc-c.jp/funnote/interview/s2020.html
---------------------------------------------------

■対談:「不確実性の時代」を生き残る~継続性ある雑誌運営についてDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集長に聞く
今年創刊44年を迎え、日本の経営者層や若手ビジネスパーソンに愛読され続けている『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』。
アークコミュニケーションズが翻訳パートナーとなって4代目の編集長、大坪亮氏に編集長職の実際やマネージメント誌翻訳のあるべき姿、継続性のある雑誌運営などについてお聞きしました。

■新・英語の豆知識
東京大学教授(英語英米文学研究室)渡辺明先生による新連載の第2回目は「関係節ではない関係節、あるいは量をめぐる問題 / Google翻訳が苦手なところ」です。

■社員インタビュー
今回のインタビューは、翻訳事業部 池田隼人です。

■スタッフ企画「ご紹介します!これが私。これぞ私。」
15周年を迎えたアークコミュニケーションズには、どんなスタッフがいるのでしょう?
個性的な面々の自己紹介を、ぜひご覧ください。

---------------------------------------------------
https://www.arc-c.jp/funnote/staff/s2020.html
---------------------------------------------------

これからも、末永く、よろしくお願いします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する