オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

いよいよスキーオリエンテーリングスプリント始まる!

»

今日3月4日の17:50(日本時間)、第29回ユニバーシアード冬季大会のスキーオリエンテーリング競技スプリント種目にアークコミュニケーションズスキーチームの石原湧樹選手(東京大学4年)が出場する。
日本オリエンテーリング協会にとって、スキーオリエンティアにとって、そしてアークコミュニケーションズにとって記念すべき日、始まりの日となる。

時計を戻すこと9年前。2011年アジア冬季大会でスキーオリエンテーリングが実施されることが決まり、全日本チャンピオンの堀江守弘を擁するアークコミュニケーションズスキーチームはとても沸いていた。当時の堀江選手のアジアでの実力値を考えると、表彰台に上がることは固いことだと思えたのだ。

それまでも、スキーオリエンテーリングは世界選手権やワールドカップが開催されていたが、複数競技が実施される国際大会での実施がなかった。アジア大会で実施されたとなると、次に目指すはオリンピックで種目での採用だ。皆の心が沸き立たないはずがない。

しかしながら、2011年のアジア大会には、日本選手を誰一人出場させること出来ず、皆で肩を落とした。彼の実力ではなく組織の基盤が弱かったことの問題だった。

そこで、次の冬季大会には、堀江選手を出場させたい、そしてその次にはオリンピックに出場させたい、と皆で努力をしたが、残念ながらそれもかなわなかった。次の冬季大会では、そもそもスキーオリエンテーリングが採用されなかったのだ。

そうこうするうちに堀江選手は第一線を退いてしまった。今でも彼には大変申し訳なく思う。しかし、堀江選手が切り開いた道を、引き継いでくれた頼もしい若者が現れたことはオリエンテーリング界にとっては朗報だった。石原湧樹選手である。
彼には、実力があり、そしてめぐりあわせの運がある。
複数競技が実施される大学生のオリンピックと言われるユニバーシアードの冬季大会にスキーオリエンテーリングが実施されることが決まったからだ。

皆の思いが詰まったその日を迎えたわけなのだが、石原選手には、全力を尽くして、思いっきり楽しんでほしい。今日はゴールではなくスタートなのだから。
(日本女子代表には筑波大学3年生の佐野響選手が出場する。大学生になってスキーをこつこつ始めた努力家だ。)

ここロシアのクラスノヤルスクで開催されるユニバーシアードはプーチン大統領が開会式に現れ、翌日のクロスカントリースキーのスプリントを視察し、メダルを授与するほどの力のいれようだ。ロシアではテレビの中継もある。インターネットでのライブ放送もあるので、ぜひ日本からも見てください。

石原選手は 17:50スタート
佐野選手は 19:06スタート
(日本時間)

◆OLYMPIC CHANNEL
https://www.olympicchannel.com/ja/events/detail/winter-universiade-krasnoyarsk/

◆Facebook FISUアカウント
https://m.facebook.com/FISUnetwork/

私はオフィシャルスタッフなので、残念ながら競技そのものは観戦できない。しかし、きっと全身で、皆の歓喜を感じ取っていることだろう。

ちなみにスキーオリエンテーリングはこんな競技です。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=hqh6XAg5Wxc

成田空港で

全体.jpg

開会式で皆川賢太郎団長と。

皆川さんと.jpg

前日のモデルイベントで

sano2.jpgishihara2.jpg

そして、今日!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する