オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

社長とは紛れもなく社内で一番失敗した人である。それは一番挑戦したことの裏返しでもある

»

会社で何か新しいことを始めるのは、やはり私が多い。
立場上、新しいことをやりやすいのもあるが、私の性格のこともある。飽きっぽい・・・いやいや、イノヴァティヴだから(汗)
そして、新しいことはそうそううまくいかない。
新しいことは、新規事業のこともあれば、顧客へのアプローチだったり、社内のしくみだったり、社員教育だったり、色々だ。

100個くらいの思いつきのうち、ちょっと調べると、ほとんどがさほどよいアイディアでないことに気がつく。でも、そのうち30個くらいは検討する価値があって、ごちゃごちゃやってみる。
新規サービスのように大きなプロジェクトは、さらにそのうち2,3個しか実際にやれないだろう。そして、まぁそのうち1個が次のフェーズに進める感じ。

だから、私がやった「失敗」は山のようにある。

そんな私だが、他人からは失敗が見えないらしく、

「(大里さんのように)失敗しないにはどうしたらいいんですか?」と聞かれる。

「あっ、それは簡単!何もしないこと!」と答える。

何もしなければ失敗もしない。


失敗した数の多さに比例して、やったことは多いはずなのだから、失敗した数は勲章にしなければならないと思う。本人に勲章と思ってもらうためには、周囲が勲章だと気がつかせてあげなければいけない。

そのための、注意事項はいくつかある。

例えば・・・次のフェーズに進むためには失敗からのフィードバックが必要だ。
周囲が、次回改善のための「親切」のつもりでうまくいかなかったことを指摘するわけだが、言い方次第で本人のやる気がそがれることがあるからだ。

難しいね。

周囲の人は、チャレンジをしたことを褒めて、さらに何かもうひとつ褒めて、最後に1つだけ改善提案をするのかな。


本人は、周囲のコメントはすべて自分やプロジェクトの関心から来ているのだと、喜ぶ力を磨くことかな。

Comment(4)

コメント

TETSU

逆に、たくさん失敗できる人が社長に向いているって話もあったかと思うけどw
もちろん失敗をたくさんすることが大事なのではなく、たくさん挑戦した結果失敗も多かった(多くの失敗をしても諦めない資質をもっていた)ということだと思いますが(^^;

でも、普通の社員はなぜもっと挑戦できないのか?
もともとそういう資質を持ってないのかもしれないが(長年の教育の賜物?)実は上司の責任だったりすることも
ちなみに「失敗してもいいからもっと挑戦しろ」と声掛けても意味ないですから(^^;
でも上司の責任だとすると、その上司の問題はさらに上司の・・・そして最終的に社長の責任に。特に小さな会社だとほとんど社長のカラーで社内文化が決まり、挑戦する社員が出てこないのも実際は社長の責任だったりすることが多いんだよね。

コメントありがとうございます。

>「失敗してもいいからもっと挑戦しろ」と声掛けても意味ないですから(^^;
そう思います!せめて口で思いを伝えようとするんですが、言動一致が大事ですね。

必須

う~ん。フツーの会社って、一般社員には失敗という選択肢は用意されませんよね。
失敗しないように準備しろってことで。
経営的観点からすれば、失敗することがわかっている、つまりハイリスクなことには手を出せません。
でも、社長は別。
まぁ、事業なんて一種の博打でしょうから。
「俺が責任持つから好きなようにやってみろ!」なんて社長はもういない。
っていうか、税法上とかの関係で許されなくなってしまっているから、やりたくてもできない。
つまり、経営者の問題でも、社員の士気の問題でもないってこと。
この背景には、制度を逆手に取って美味しい思いをした不届き者の存在があるんでしょうけど。

必須さん
コメントありがとうございます。新規事業はおっしゃる通り博打なので、まずは
日々の業務のほんのちょっと新しいことに取り組んでほしいなぁと思うのですよね。そのせいで失敗しても、マイナス評価にならないようにしたいですね。
経営者の観点からは、確かに準備が悪くて失敗するのは好ましくない。
どう違うのかということになりますが、準備が悪い人は新しいことでなくても失敗しそうな・・・やっぱりチャレンジを称賛する風土を作ることでしょうか。

コメントを投稿する