オルタナティブ・ブログ > 『Internet & Mobile』 ア・ラ・カルト >

これまでのリサーチ経験をもとに、インターネット、モバイル分野のトレンドを独自の目線で切り込む!

ソフトバンク携帯の加入者好調の裏側にあるもの

»

電気通信事業者協会より、8月のモバイル加入者状況が公表された。[参考記事]
携帯電話契約者数の純増では、ソフトバンクモバイルが16万3300台と引き続き
トップの座を保った。
一方、auの純増者数はソフトバンク、NTTドコモに次いで3番手となり、厳しい
状況が続いている。

これまで、携帯ユーザーからそっぽを向かれていたソフトバンクモバイルが
好調なのは何故だろうか?
 
そこには、ユーザーニーズに即したマーケティング戦略があると思われる。

【ユーザーのニーズとソフトバンクモバイルの戦略】

それではユーザーニーズに即したマーケティング戦略とは何か?
価格.comの調査でマーケティング課題を解決するためのヒントがあった。
[参考記事]

各キャリアとも、CMの印象は良いといわれているものの、実際のCMで訴求している
内容は各社ぞれぞれで異なっている。

価格.comの調査によると、ドコモには信頼ができる『イメージ』、auは
『楽しさ/遊び心がある』『センスがある』、ソフトバンクは『旬がある』
『今後の展開に期待が持てる』との調査結果がでた。

携帯キャリア各社が、それぞれのイメージを訴求しているにも関わらず、ソフト
バンクモバイルが1人勝ちをしているのは何故だろうか?

ソフトバンクの加入者が最も伸びている背景には、携帯ユーザーが求めている
ニーズとソフトバンクモバイルのイメージがマッチしている事が挙げられる。

携帯ユーザーが、最も求めている事は何か?
それはデザインでも機能でもなく『価格』が最も重視されている。

ソフトバンクは昨年より、ホワイトプランをはじめ、ずっと『価格』を訴求
している。ホワイト家族のCMは一見、変わったイメージがあるが、訴求ポイント
はただ一つ、『価格』である。

ユーザーが携帯電話加入の際に重視する項目と、ソフトバンクに対するイメージ
がマッチしているからこそ、携帯加入者数がずっと伸びているのだと言える。

iPhoneの販売台数が伸び悩んでいると言われているが、その原因もユーザーが重視する
『価格』を訴求できなかった点にあると感じている。

大切な事は、ユーザーが持つニーズと、携帯キャリアに対して持つイメージが
一致していることである。当たり前に聞こえるかもしれないが、ユーザーの
ニーズが何なのか?それを客観的に把握する事は難しく、ニーズを見誤ると、
戦略そのものを見直さなければならない可能性すらでてくる。

この事は、携帯ビジネスに限らず、どのビジネスでも同じである。。
ユーザーニーズと企業イメージのマッチング、そしてギャップがある場合、ギャップ
を埋めるためにどのような施策を打つか。

成功を紐解くカギは、以外に単純なところにあるかもしれない。

Comment(2)

コメント

あん

ただ、ソフトバンクで売れてる端末はスパボ一括0円売りやってる端末が半分くらいあるんですよね。
やはりセカンド携帯としての需要が大半だとか。
毎月6円で維持できてソフトバンク宛て無料通話しまくれる。980円でも払わないユーザーばかりです。
iphoneも使いこなせない話題だけで飛びついたユーザーは困ってるでしょうね。
これって大量の解約予備軍を抱えている状態ですので24ヶ月過ぎて特別割引なくなる前にどれくらいの解約があるのか興味深いです。

>あんさん

コメントありがとうございます!

ソフトバンクユーザーの携帯料金は確かに他のキャリアと比較して低いですね。
(2008年3月第4四半期公表のソフトバンクのARPUは、4,310円と、NTTドコモの6,050円、auの5,940円と比較して低かったです)

その他、あんさんのご指摘の通り、将来の脅威も確かにあると思います。

ただ、ソフトバンクモバイルが持つ1,911万人のユーザー数は魅力的と感じております。
ソフトバンクが展開する多様なビジネスを、1,911万人というユーザーに対して、今後どのように融合/展開させていこうとしているのか、
個人的に今後を期待しております。

コメントを投稿する