オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

イノベーションを生み出す環境とは――【書評】"Where Good Ideas Come From"

»

久々に書評です。スティーブン・ジョンソンといえば、『感染地図』や『 テレビやゲームは頭を良くしている』といった佳作を発表されている著者さんですが(特に『感染地図』はオススメです)、最近新作を発表されました。それが"Where Good Ideas Come From: The Natural History of Innovation"です。

タイトルを訳すとすれば、『良いアイデアはどこから来るか――イノベーションの博物誌』といったところでしょうか。15世紀の複式簿記から、現代のTwitterに至るまで、様々な分野の「良いアイデア」が生まれる過程を分析。イノベーションを生み出しやすい環境とはどのようなものか?を考察しています。

アイデアが生まれるというと、私たちはよく「頭の中に電球が点く」的な瞬間を想像するのではないでしょうか。まさに「閃(ひらめ)く」という日本語がピッタリするような、個人のアタマの中に、突然良いアイデアが飛び込んでくるというイメージですね。しかし本書では、そのようなシチュエーションはむしろ例外的であり、「様々な人々を通じて徐々にアイデアが積み重ねられて行く」という形式で生まれるイノベーションの方が多いということが解説されます。例えば「インターネットの父」ことティム・バーナーズ=リーも、こんな言葉を発しているとのこと:

Journalists have always asked me what the crucial idea was, or what the singular event was, that allowed the Web to exist one day when it hadn't the day before. They are frustrated when I tell them there was no "Eureka!" moment. It was not like the legendary apple falling on Newton's head to demonstrate the concept of gravity. Inventing the World Wide Web involved my growing realization that there was a power in arranging ideas in an unconstrained, weblike way. And that awareness came to me through precisely that kind of process.

ジャーナリストたちは、いつも私に「ウェブを生み出した決定的なアイデアとは何だったのか」「どんな出来事がウェブを生み出したのか」といった質問を投げかけてくる。私が「ピンときた瞬間」などというものはないと答えると、彼らはフラストレーションを感じるようだ。しかしニュートンの頭に落ちてきて、彼に重力の概念を気付かせた伝説のリンゴのようなものは存在しない。ワールド・ワイド・ウェブが発明できたのは、「ウェブのように」制約のない形でアイデアを並べることの意義について、私が次第に気付いていったからだ。そしてこの気付き自体が、「制約のない形でアイデアを並べる」というプロセスそのものを通じて私にもたらされたのである。

「巨人の肩の上に立つ(Standing on the shoulders of giants、今日の学問は過去に行われた研究の蓄積の上に成り立っていることの喩え)」などという有名な言葉もあるように、良いアイデアとは他のアイデア、あるいは他者とのネットワークという土台の上に生まれるものであり、その「土台=環境」を整えることでイノベーションが生まれやすくなることを本書は示唆しています。

スティーブン・ジョンソンはそのような環境、つまり他者とのネットワークが活力を生み出しているような状況を「珊瑚礁」という一言で喩えています。多くの生物が共生関係で結ばれ、ある種類の生物の生き方が、他の種類の生物の生き方を可能にするような世界。そして様々な種が溢れることで、それをベースにさらに多くの可能性が生まれるような世界。比喩に過度に依存することは禁物ですが、本書を一読した後であれば、珊瑚礁という喩えが適切なものであると納得することでしょう。

このように本書は、企業経営者や政策決定者が「イノベーションを生み出しやすい環境」をどう整備するかという問題に直面した時に役立つ本だと思いますが、個人レベルで応用できるアドバイスも納められています。年末年始のお休みで読む本を探しているという方、ぜひ候補に加えてみて下さい。

Where Good Ideas Come From: The Natural History of Innovation Where Good Ideas Come From: The Natural History of Innovation
Steven Johnson

Riverhead Hardcover 2010-10-05
売り上げランキング : 102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【○年前の今日の記事】

DARPA「風船探しコンテスト」、MITチームの勝利は「フリー」の限界を意味するのか? (2009年12月7日)
思考停止を招く「文化だから」 (2008年12月7日)
ワインと食事、逆転の発想 (2007年12月7日)
社長チャーハンの是非 (2006年12月7日)

Comment(1)

コメント

木村友則

参考になりました。閃きではなくたしかに積み重ねが大事ですよね。

コメントを投稿する