オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

改めて思う、翻訳で問われるのは英語力より日本語力

»

以前からお知らせはしていたのですが、このたび"Twitter Power: How to Dominate Your Market One Tweet at a Time"という本を翻訳させていただきました。発売日等、詳しい情報が決定しましたので、この場を借りてちょっと告知させていただきます。

  • 邦題: 『「ツイッター」でビジネスが変わる!』
  • ジョエル・コム著 / 小林啓倫訳
  • 価格: 1,700円(税別)
  • 発売日: 11月5日(木)

アマゾンでの予約は、発売日の約2週間前から可能になるとのこと。お手にとっていただければ幸いです。ちなみに原書の書評はこちら:

【書評】"Twitter Power"

ということで、今回「翻訳」という作業に携わる機会を与えていただいたわけですが、想像以上に難しいものでした。英語の意味が理解できても、そのまま訳すと日本語としておかしくなってしまったり。微妙なニュアンスを表す言葉が英語にはあるのに、日本語で見つけることができなかったり。逆に微妙なニュアンスを含む日本語を使って良いものかどうか悩んだり……改めて、翻訳で重要になるのは英語力より日本語力だと思い知らされた次第です。

格好つけた表現を許していただければ、翻訳とは著者と訳者、そして読者で形作られる三角形をどうバランスさせるか、という作業だと思います。もちろん原書を書いた著者の意図が最大限尊重されなければならないのですが、他の言語に翻訳する場合は、その言語を母語とする読者にも配慮しなければなりません。その上で、翻訳者の「こういう表現にした方が良い」という思いをどこまで反映させるか。それがスムーズに行えるかどうかは、翻訳する言語にどこまで精通しているのかがカギを握るでしょう。

今回、その作業にどこまで成功できたかどうかは本書をお読みいただくとして。ここでは全ての翻訳者の方々に、感謝の言葉を述べておきたいと思います。自ら翻訳に携わることで、皆さんの存在の重要性を、身にしみて感じることができました。もう「あの本まだ出ないの?」や「これって日本語変なんじゃない?」などというセリフは、決して言いません(笑)

【○年前の今日の記事】

正常の定義 (2008年10月6日)
おばあちゃんソーシング (2007年10月6日)
ロングテールを探せ (2006年10月6日)

Comment(5)

コメント

翻訳出版おめでとうございます&お疲れさまです。
確かに、日本語がちゃんとできないことには、翻訳もままならないでしょうね。
先日、英語が流暢で、日本語が「あれ」「それ」の日本人の方と話したので、余計に感じます。(笑

ご上梓おめでとうございます。
まさに激しく同意のひとことです。
翻訳という仕事は、ある意味「神の手」を授かるに等しいものだと実感することも多く、その責任の重さに喘ぎながら、日々一語一語と格闘しています・・・。

いつか翻訳の苦労を肴にした飲み会でも企画したいところですw

みなさま、コメントありがとうございます。

> ooki さん

ありがとうございます!身の程知らずにチャレンジしてしまったので、非常に疲れました(笑)
いや本当に、日本語と英語の双方に通じていないと、とてもやっていけないお仕事だと実感しました。なんか無性に、「日本語の」勉強がしたいと感じている今日この頃です。

> noriyo さん

ありがとうございます!本当に、「責任」という言葉を痛感しました。著者の意図が伝わるような文章を考えなければならない、しかし分かりやすい文章を追求するあまり著者の意図が変えられてしまってはならない、という……いや、翻訳者の方々の偉大さを心の底から感じました。

「訳の苦労を肴にした飲み会」、ぜひ参加してみたいです(笑)

hattori

大変でしたね。私は翻訳にはいつももっと時間をかけていますが、足の速い本はキツイでしょうね。
Levinsonが今度の本を翻訳しろと送ってきましたが(まだ届いてないが)、これはどうでしょうか?
ともかくお疲れさまでした!

hattori さん、コメントありがとうございます。
仰る通り、流行を解説する本は鮮度が命なので(今回は既に変更点がかなりあったわけですが)、とにかく早くという点も今回大変だったことの1つでした。

> Levinsonが今度の本を翻訳しろと送ってきましたが

おー、"New New Media"ですね!僕は購入して読んでいるところです。忙しくてまだ Twitter のセクションしか読んでいないのですが、現在のソーシャルメディアの概観を把握する上で有益な本だと思いますよ。

コメントを投稿する