オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

おばあちゃんソーシング

»

山菜採りの名人に、ネット上から山菜をオーダーできるというサービスがあるのをご存知ですか?以前 Polar Bear Blog で取り上げたことがあるのですが(記事はこちら)、「あきた森の宅配便」というサービスがそれ。サイトには「山菜採り名人」が顔写真・採るのが得意な山菜などの情報と共に紹介されていて、そこから気に入った名人を選び、山菜採りを依頼できるという仕組み。実はこれと同じ仕組みのサービスが、スイスにも存在していました ―― ただし扱うのは山菜ではなく、ニットのくつしたです:

Socks with a story (Springwise)

紹介されているのは"NET GRANNY"(ネットのおばあちゃん)というサイト。くつしたをオンデマンドで作成してくれるというサービスなのですが、作ってくれるのは15名のおばあちゃんたち。サイトには彼女たちのプロフィールが紹介されていて、気に入ったおばあちゃんにオンラインで注文できるのだそう。ちなみに15名の顔ぶれはこちら:

Netgranny

うーん、微笑ましいながらも心強い感じがしますね。サイトはすべてドイツ語(?)なので、残念ながらプロフィールを読むことができないのですが、「お金のためではなく、ただ時間をつぶすために参加しています」「6歳のとき、4歳の妹に編み物を教えていました」などといった話が書かれているそうです。読んでみたい!

ちなみに注文では色の指定はできるものの、デザインはおばあちゃんにおまかせ。くつしたが届くまで、ドキドキしながら待つことになります。この点は制約ではなく、逆に「おばあちゃんが自分のために作ってくれた、世界に1つしかないくつした」という長所になりますよね。なんだか僕もおばあちゃんに、いろいろな縫い物をしてもらったことを思い出してしまいました……。

「あきた森の宅配便」もそうですが、オーダーしたモノ自体だけに価値があるのではなく、そのモノが発送されるまでの経緯(名人が山菜を取りに行く/おばあちゃんがくつしたを編む)がストーリーとなって価値を生むわけですね。同様のサービスを様々な分野で展開することが可能なのではないでしょうか。個人的には、ビジネスうんぬんは抜きにして、おじいちゃん・おばあちゃん達のスキルが楽しい形で活かせるサービスが、どんどん生まれていって欲しいと思います。

Comment(2)

コメント

ごぶさたしております。
 あきた森の宅配便です!
 またまた、お取り上げいただきありがとうございます。
 春の山菜では全国からたくさんのご依頼をいただき、じいちゃん、ばあちゃん達にも持てるスキルを存分に発揮して野山を駆け巡っていただきました。
 「スイスのくつした」もそうですが、小林さんのおっしゃるとおり、私どもも「天然山菜」という商品を売っているのではなく、「依頼に応じて山奥に天然山菜を探しにいく」というサービスを提供していると考えています。
 「物」にはストーリーがあり、またその「物」を提供する側が経験豊富な提供者であればあるほど、奥深い物語があると思います。
 その物語こそが実はすこぶる面白く、ワクワクできるものじゃないかと、この春、じいちゃん、ばあちゃん達から教えてもらった気がします。
 WEBがこのような「アナログ」なサービスとつながると、思いもよらない面白い形になるということを実感させていただきました。
 これからも、たまに当店に遊びに来てください! どうも、ありがとうございました!

アキヒト

あきた森の宅配便さん、コメントありがとうございます。改めて、取り上げさせていただきました。
> 「物」にはストーリーがあり、またその「物」を提供する側が経験豊富な提供者であればあるほど、奥深い物語があると思います。
仰る通りですね。これまでも提供側のストーリーを伝えるという努力はされてきたと思いますが、ネットを活用することにより、それがより容易に・また深く行うことが可能になったのかな、と思います。山菜やくつしただけでなく、もっと多くの「思いもよらない面白い形」が出てきて欲しいですよね。

コメントを投稿する