オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

クレヨンから消えた色

»

既に気がついている方にとっては「何をいまさら」的な話なのですが、最近タレントさんが発言したことを受けて、クレヨンに関するある変化が話題になっているようです:

クレヨンの「肌色」は人種差別? 乾貴美子がブログで疑問呈す。 (livedoor ニュース)
クレヨンから「はだ色」が消滅 理由は「人種差別に繋がるから」 (J-CAST)

クレヨンや色鉛筆などの中から「はだ色」という呼称が消えつつあることについて。はだ色は文字通り「肌色」であり、薄い桃色をした肌を持つ人が日本人の中に多かったことから、似たような色を「はだ色」と呼んでいるわけですね。しかし当然ながら人間には様々な色の肌があるわけで、ある一色だけを「肌の色」と呼んでしまうことには問題があるという意識から、10年ほど前から徐々に変更が行われてきたようです。

つい先日、この「はだ色」をめぐって娘とちょっとしたやり取りがありました:

娘: お父さん、「はだいろ」って「肌の色」ってこと?
僕: そうだよ。クレヨンにあるでしょ。
娘: でも、肌っていろんな色だよねー。私のはこれだけどー。なんでこれが「はだいろ」なの?
僕: うーん……昔の日本ではね……

娘はまだ保育園なのですが、既に「はだ色」が薄い桃色であることについて疑問を感じているようです。考えてみると、娘が通う保育園には以前から外国の子供たちも通っています。以前はロシア語しか話せないお子さんもいらっしゃって、壁には「ロシア語では○を~と言います」というメモが貼られ、「ウラー!はロシア語で万歳!の意味なんだよー」と娘から教えてもらうことまであったほど。また現在の住所の近くには大学が・実家の近くには米軍基地があり、様々な肌の色の人々とすれ違う機会があること、さらに家族で海外旅行をした経験があることなどから、何となく「自分とは違う見かけの人がいる」と理解している様子です。

甘いと言われてしまうかもしれませんが、「はだ色」という呼称を使うことが直ちに差別意識を表すものだとは思いません。僕らが子供のときは普通に「はだ色」が用いられていたわけで、慣習として何の疑問もなく口にしてしまったり、ノスタルジーを感じるということはあるでしょう(だからと言って無意識のうちに他人を差別することが許されるものではありませんが)。しかし保育園の女の子でも「世界にはいろいろな人がいる」と理解できるぐらい、日本社会のグローバル化は進んでいます。もはや「肌の色だから『はだ色』」という発想は余計な混乱を招くだけでしょう。

その意味で、個人的には「はだ色」が別の呼称になることは賛成です(放送禁止用語のように厳しいルールとするのではなく、あくまでも企業の自主的な行動のレベルで)。ただしあえて「はだ色」を残して、それが意味するものについて子供たちに教えたり、考えさせたりするということも良いかもしれません。逆に単に名前を消してしまって終わり、という臭いものに蓋的な態度では、また似たような問題が生まれてくるでしょう。「なぜ日本には「はだ色」という発想があり、いままで生き残ってきたのか。なぜいま問題になったのか、他国や他の分野で同様な問題はないのか――などなど、様々な側面について考えるようにしなければならないと思います。

【○年前の今日の記事】

「しきる」だけで十分なのか (2008年4月16日)
ものは言い様 (2007年4月16日)

Comment(7)

コメント

こんにちは。おじゃまします。
そうだったんですねー
ちなみに肌色とは、一番無難に近い色はベージュ、ということになるのでしょうか?素朴な疑問・・・

mshibata

本当に「はだいろ」という呼称が人種問題に関係があるのだろうか?

肌の色が人によって違うことは、人種の話を持ち出すまでもなく気づけることではないでしょうか。日本人のうちでだって千差万別ですよね。日本人の肌の色はこれこれで、またある人種の人の肌はこれこれだという画一的な印象を持っているからこそ、人種差別に結びつけるような発想が生まれるのではないですか。

肌の色が薄くても濃くても、われわれはその人の顔を見て元気そうな顔色かどうかをうかがうことはできるわけですから、健康的な肌の赤みについてある種の了解があることは確かです。そうした人肌の生の感覚を感じさせる色の総体が「はだいろ」だということでしょう。草木の葉の色は実際にはさまざまですが、それを日本語では「青々と」茂っているなどと表現したりする。「あおい」という言葉には若さ・若々しさの意味が含まれているからです。色の表現と、実世界でのその表現の使われ方に気づかせることが大事なのでは。そんなことよりポリティカル・コレクトネスのほうが重要?

色の名前というのはRGB値に対応づけられたタグのようなものではありません。ここからそこまでは何という色で、そこからどこまでは何という色というように分けられているわけでもない。クレヨンに付いてる名前というのは人の暮らしから生まれた色彩表現から便宜的に名前を拾ってきたものにすぎません。

賢い娘さんが「はだいろ」が人によって違うことに気づいたのはすばらしいことです。しかしそこで「はだいろ」(あるいはほかの色も)が指し示している意味の広がりについて語ってあげるべきだったのではないですか。「クレヨンの『はだいろ』と私の肌の色は違う」→「『はだいろ』っていうのはおかしい」では、あまりにすさんでいる。

それはそれとして、この記事を読んで、僕はクレヨンや色鉛筆に色の名前が書いてあること自体が、(肌色に限らず)あんまりいいアイデアではないなと思いました。頭でっかちの子が「葉っぱ=みどり」という記号的な連鎖で木の葉を「『みどり』と書いてあるクレヨン」で塗って、それで満足して終わってしまうのでは面白くない。必要ならそれこそRGB値か色見本の番号くらいが書いてあればそれだけで(それだけのほうが)いいのではないかと。どうでしょう。

視点が変わってしまいますが、「はだいろ」を作るのはとても難しいものですよね。肌色が何年前から存在しているのかわかりませんが、私が子供の頃に与えられた絵の具セットには存在していませんでした。色数の少ない安い絵の具だったからかもしれませんが。。そこで自分なりの肌色を作るわけなんですが、これが難しい。私達は黄色人種を呼ばれる種ですが、実際に色を作るとき、メインと成る色は白です。あとは茶、黄、朱などを少量配合していきます。色を作るのってけっこう楽しいです。もしかしたら、肌色がポーーンと一本のチューブに納められていると、色を作る作業を楽しめないかもしれませんね。ってことは?顔を描く時に、1つの色をベッタリ塗る場面が多くなるのかもしれません。そこに凹凸は存在しないので、鼻は黒い線で表現し、もしかしたら眉毛のようになるかもしれませんね。何よりも色を混ぜなくなるのは面白みに欠けます。エラそうなことは言えませんが、色に名前をつけるより、色を自分で作れる。色を重ねられるような子供が増えるよいいですよねー。なんて生意気に思いました。

RIKU

今またこの話題が出てきたことに驚いた。あまり知られていないことだったのか。是非、高島俊男1999「お言葉ですが…」文春文庫 の「はだ色は差別色?」をお読みいただきたい。これが週刊文春に掲載されたのは1995年の話である。

みなさま、コメントありがとうございます。

> トラパパさん

うーん、僕もすっかり「はだ色」な人間なので、イザ言い換えろと言われても何も思い浮かびません。ベージュと書こうとして「薄い桃色」と表現してみたのですが、どれもピンときませんね……娘が小学校に上がったら教えてもらいます(笑)

> mshibata さん

もちろん肌の色は日本人の中でも人それぞれなんですが、日本では「はだ色」という呼称が何の違和感もなく通用してしまうほど、ある程度まで同質性が強かったわけですよね。その状態で「はだ色」という呼称を廃止できなかったのは別に差別意識があったからではないと思いますし、その意味で「現在までは」人種問題ではないと考えます。

色に便宜的に名前をつけ、そこにイメージが付着していくのは、ある程度仕方のないことではないでしょうか。極端な話をすれば、「信号で赤は止まれ、青は進め」というルールがあった場合に、「赤」「青」という呼称が無ければ大混乱が起きてしまうわけですし、「赤というのは一般的に警告である」というイメージが無ければ、始めて出会った警告マークからとっさに意味を受け取ることができません。そもそも人間の意識というものが、世界を言葉で定義する定義した言葉で世界を考えるの繰り返しですから、ある状態=色に名前をつけるというのはそれほど問題ではないと思います。

しかし mshibata さんも仰っているように、呼称がステレオタイプを強いるようになってしまってはダメですよね。「葉っぱ=緑=『みどり』と記されたクレヨンで塗る」というのでは、まるでプログラミングされたロボットです。ただ一方で「葉っぱをグレーで書いてやれ」という子供がいたときに、それを「斬新な発想だ」と評価できるのもステレオタイプがあればこそですし、けっきょく僕らは「ルール」と「ルール破り」の間を揺れ動く存在なんじゃないかなぁとも思います。

> naomi さん

ああ、僕も「はだ色」が無いときに、他の絵の具を混ぜ合わせて作ろうとして大失敗した経験があります。「はだ色」という絵の具はすんなり受け入れてしまうのに、イザ自分の目で見て、意識して色を作れと言われるととたんに行き詰まってしまう。茂木先生にでも解明して欲しいぐらいの脳問題ですが(笑)、僕も自分の娘には「はだ色を自分で考えて、作ってみることができる」人になって欲しいなぁと思います。これは別に「はだ色」に限らず、あらゆる言葉に存在する問題かもしれませんね。

> RIKU さん

僕もずいぶん前から言われていることのように感じていたのですが、1995年にも問題提起が行われていたのですか。探せばもっと古くからあるかもしれませんね。いまになってようやく対応が進んできたというのは、やはり「日本のグローバル化」が進んできているからなのかな、なんて。

ヒグマ

拝読後、気になり検索していたら、アメリカには『はだいろ』24色セットのクレヨンや絵の具、色鉛筆が何年も前からあるんですね。カルチャーショックでした。

ヒグマさん、コメントありがとうございます。

> アメリカには『はだいろ』24色セットのクレヨンや絵の具、色鉛筆が何年も前からある

おお、それは初耳でした。情報ありがとうございます。ちょっと語弊のある表現かもしれませんが、実に米国らしい話だなぁと感じました。他の国ではどんな対応をしているのか、そもそも「はだ色」的な発想があるのかどうか、気になるところですね。

コメントを投稿する