オルタナティブ・ブログ > アネゴの仕事日記 >

エクゼクティブコーチング・リーダー育成の現場から、思ったことや考えたこと、学んだことをつれづれなるままに発信してゆきたいと思います。リーダーなんてなりたくないという声も聞きますが、リーダーはカッコイイ!。一人一人がリーダーシップを持つ世の中の実現のために取り組んでいます。

サーバントリーダーになれる人、なれない人

»

エクゼクティブコーチングといって、経営者やリーダー向けのコーチングをやっていると、かえってこちらのほうが恐縮してしまうぐらいのできごとや素晴らしい人格者との出会いもあります。

震災直後には先方から安否確認の電話やメールをいただいて、「上田さん無事だったの?」というご心配をいただき、雑談の中で私がやりたいと思うことや真剣に目指している世界を話すと、私以上に情熱的にサポートしてくださる方にもお目にかかりました。

まさに彼らのことを「サーバントリーダー」と呼ぶのだなと感じ、まだまだその域に行くまでにはエネルギーと時間が必要であるということも姿勢で学ばせていただいているような気分です。

以前リーダー塾でこんな話を聞きました。「自分は、サーバントリーダーとして組織に貢献したい!」その言葉を聞いたとき、「なんだかわかるような気がするけど、なんだかしっくりこないなぁ。」そう思いました。私には少し自己欺瞞的な考えに受け取れたのです。実はいまでもそのことについては個別に会話していないまま時間が過ぎています。彼が自分の職場やチームでサーバントリーダーとして認識され、チームに貢献できているのかという事実はさておき、サーバントリーダーが人々を魅了するということはとても強烈に私に残りました。サーバントリーダーには、「傾聴」「共感」「概念化」「気づき」「成長へのコミット」「コミュニティーづくり」など10の属性が必要とされています。この共感型モデルの表面だけをなぞると自分の価値に十分あてはまるという方も多いと思いますが、当時の私にはその奥深さがきになってしかたがありませんでした。コーチと同じように、Doingである行いや行動やスキルを身につけれるだけではまだ半分。リーダーとしての姿勢である、Beingも同じぐらい関わる人たちから注目されるとおもうと、気軽に目指せるような世界ではないような気もしたからです。

サーバントリーダーといえば、資生堂で社長を務めた池田守男氏が私の知る有名どころですが、組織やプロジェクトのメンバーを支援して結果に導く奉仕型のリーダースタイルとして認知されるようになりました。実際に池田氏はクリスチャンでもあったようで、奉仕的・貢献的という考え方そのものが若い時から身についており、女性中心の資生堂というフィールドでの組織と、世の中で真肌ケースの少なかった女性リーダーの育成というところにとても好相性であったにちがいありません。

ある程度の成果や結果を生み出した人や、自らが本気でなにかに取り組んでいる人がどこか同じような空気感を持つ人に支援的に関われる姿を見ていると、サーバントリーダーには自らがリーダーであることとの両輪が求めらるのだと最近改めて思います。私たちがどこか手を抜いて楽をしたいと思っている仕事人の言葉を相手を見て受け取れないと感じるのと同様に、経営者でもアスリートでも政治家でも教師でも、その言葉を届けられる筋肉がついているひとには共通の背景があることに気が付きます。

チーム内やリーダーとしてのコンフリクトや失敗をさけるためにサーバントリーダーシップという考えがあるわけではありません。どんなリーダースタイルであっても、本当に自分が情熱的であり、多くの人にとっても共感できるような内容や出来事であればひとは心を動かされるものです。サーバントリーダーというのは自分がなるというよりは、結果として周囲からその冠を頭にのせてもらえるような人物なのではないでしょうか?そして私もその果てしない道をいつからか歩き始めてはじめて、まだまだ道が果てしなく伸びているのだとつくづく感じます。

◆サーバントリーダーシップ  http://amzn.to/hNgO0v ロバート・K・グリーンリーフ


■■ 上田雅美 [株式会社アネゴ企画・エクゼクティブコーチング・組織開発支援]
■■  URL : http://www.anego.biz/
■■  Twitter:@Anegokikaku
■■  facebook: http://www.facebook.com/masami.ueda
■■  blog :アネゴの日記 http://blog.goo.ne.jp/cs_jenniffer/
■■  blog :アネゴの仕事日記 http://blogs.bizmakoto.jp/Anegokikaku/
■■  Project :「リーダー塾」・「アネゴ塾」主催 https://sites.google.com/site/anegojuku/

 

Comment(1)

コメント

K.Tsukamoto

僕も、目指しています。良いブログだったので応援します。


 ・・・サーバント・リーダーになりたいという憧れ・羨望(せんぼう)はあっても、彼らが望むのなら誰も止められないと、僕は思います。

 それは、虚栄心・利己心から来る想いだったかもしれません。それでも、目指して前進しはじめてみると、おそらく彼はある問題点に気づいたはずです。「こんな自分では、サーバント・リーダーにはなれない。」と。サーバント・リーダーになるには、人生を懸ける献身(ライフワーク)が必要だからです。それが前提条件です。そこで彼が、どう生きるかの”信念”を確立したのを機に、後天的なサーバント・リーダー(シップ)が生まれてくるものと信じます。

 けれども、サーバント・リーダーシップを信条・生き方としてでなく、人事権掌握の手段として用い、あとになって、道徳に反した行為を繰り返すなら、その活用法が間違っています。

 サーバント・リーダーシップの根底には、人への愛情・思いやり・理解・ゆるしがあります。だから長い目で見れば、人間関係の分裂と破壊が起こりません。サーバント・リーダーになる手段は、自己修養だけです。上田さんが言うように、自己修養の「結果として周囲からその冠を頭にのせてもらえるような人物」こそが、サーバントなリーダーとしてふさわしいのです。

コメントを投稿する