オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

宮崎悟氏による「WSLで始めるUbuntu」第5回「パイプを使ってみよう」

»

私が編集支援している宮崎悟氏による「WSLで始めるUbuntu」第5回「パイプを使ってみよう」がCTC教育サービスで公開されました。

毎回好評で多くの方に読まれている人気コラムです。興味がある方はご覧ください!

###

前回は、標準入出力とリダイレクトについて述べました。 Ubuntuを始めとするLinuxおよびUNIX like OSで、標準入出力は重要なことは前回述べたとおりですが、今回はコマンド同士を連携するために使用するパイプについて述べようと思います。
パイプ
パイプとは、その名の通り標準出力からの出力を標準入力に入力する機能です。
例えば、ls -lR(ディレクトリを再帰的に検索) やfindの出力結果は、ファイル数が多いと見るのが大変ですが、パイプともにlessを使用することで楽にすべてを見ることが可能です。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/miyazaki/miyazaki05.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する