オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

名福餅か……見掛け倒しでなけりゃいいがな

»

今日、御福餅も賞味期限の偽装をしていたとの報道がありました。つい先日に赤福がなければ御福餅を食べればいいじゃないというエントリを書いていたこともあり、また赤福系和菓子のファンの1人としても信じたくなかったのですが、本当のようです。そしてもっとも信じたくなかった理由は、上で紹介したリンク先の写真を見ていただければお判りいただけるのですが、6つの御福餅を胃に納めたからです。ただし、お腹痛くもならなかったですし、おいしくないとも思いませんでした。

さて、そうすると残る1つは名福餅です。私は大学時代に京都に住んでいました。帰省の際にはバイクで京都と名古屋間を移動していました。多くの場合はひたすら国道1号線を上るか、伊賀上野の山越えをして名阪国道経由で亀山まで行き、四日市から名古屋まで名四国道を使うというルートで節約していました。今となっては良い思い出です。バイト代が思ったより多かった場合など、お金に余裕があった時は高速道路を使うのですが、帰り道に名福餅をおみやげに購入した記憶があります。甘党の父用のおみやげですのでパーキングエリアのベンチで容赦なくつまみ食いをしてから持って帰ったこともありました。

wikipediaに名福餅の販売スポットとして記載のある多賀S.A.で買った記憶がありません。小さめのところで買ったような気がしますので、伊吹か守山あたりだったと思います。高速道路のサイトを見た感じからすると、東郷P.A.では今も買えるんじゃないでしょうか。私の実家に帰るには東郷だと行きすぎですので東郷P.A.で買った事はありません。ちなみに東郷P.A.は愛知県日進市にあります。東名高速は東郷町を通っていません。あれは本当は日進P.A.なのです。偉い人はそれがわからんのです。

赤福と御福餅がパッケージも中身も似ていて、双方とも伊勢の企業であるのに対して、名福餅はパッケージの見た目で別物だとわかるくらいには違います。どことなく似ているので、商品名をうろ覚えで初めて買うという人は間違ってしまうかもしれません。そして中身のほうですが、アンコが少し白かったように思います。味はよく覚えていません。抜群においしかったりまずかったりしたら記憶に残っていると思いますので、普通においしかったということなのでしょう。バイクで高速道路に乗ると路面に物が落ちていないかを注意したり、周りの車が自分に気付かずに車線変更して来ないか意識を向けたりと言うことですごく頭脳を使います。そしてカウルらしいカウルの無いバイク(YAMAHAのZEALという250ccに乗っていました。兄のお下がりです。)で100km/h近いスピードを出すと風圧で肉体も酷使します。とにかく疲れます。京都と名古屋だと車なら1,2回の休憩でも行けるのですが、バイクだと3回は休みたいところです。その休憩の時に疲れた体を癒す甘いものは最高でした。名福餅にも赤福にも御福餅にも何度もお世話になったことを覚えています。

最後に、ネタをひとつ。今、私の環境ではgoogleの画像検索で名福餅を検索すると

名福餅

下段に私の写真がありました。顔検索で「初音ミク」をググると、オルタナティブ・ブロガーが表示される件というエントリがありましたが、まさか自分の身に起こり得る出来事だとは思っていませんでした。

ともあれ赤福・御福餅がこうなってしまいましたが、名福餅の事は信じていたいです。中日も日本シリーズに2勝したことですので、名古屋の「名」を冠した名福餅には何としても不祥事が起きて欲しくないという気持ちでいっぱいです。

(関連エントリ)

『坂角のゆかり』のトレーサビリティがすごい

贈答品のトレーサビリティ

赤福がなければ御福餅を食べればいいじゃない

Comment(4)

コメント

戸川 リュウジ

こんばんわ

 昨日ニュースで伊勢の観光客へのインタビューの一部を見た。「伊勢に来たのに何買っていいのか判らない」。次々に消費期限の改竄、原材料名の記載ミスが発覚?告発?し、「老舗中の老舗」と言われている店が一時休業になってしまっている。僕個人の感想として「非常に淋しい」と思っている。そして、現場で日々汗を流している従業員の皆さんの落胆、それぞれの方の今後の生活の不安が頭をよぎり、とても他人事のように思えなかった。

>名福餅
 このお菓子は知りませんでした。名古屋方面のお菓子で僕の思いつくのは「青柳ういろう」なんです。名古屋駅のキオスクでよく見かけ、何かの折に名古屋に行った帰りに一口サイズの青柳ういろうの6個セットを買って行くことが多かったと思います。今度名古屋行った折には要チェックで行きます。


ばあちゃん:「これ友達から貰ったから食べんせー。」
僕:「お、上用まんじゅう♪いっただっきまーす。うん、うまい!あんこがたまらないねー。これいつ貰ったの?」
ばあちゃん:「何時やったやろー?たしか…昨日…1週間前…はて、何時やったやろ?」
【トガワ的教訓】
「ばあちゃんとまんじゅうは『甘い』と言うKEYWORDで括る事もできる」

戸川さん、コメントありがとうございます。
伊勢で不祥事が続いてしまったことから、伊勢の他の食品にも影響が出てしまわないか心配です。そのまま中部地方全体に広がってしまうことはないと思いますが。私が今一番心配しているのは名福餅よりも「坂角のゆかり」です。自分の中で上等な手土産というとゆかりしか思い浮かびませんので、無くなると困ってしまいます。

トッピー

こんばんは はじめまして
赤福問題が出た後、飛ぶように売れている御福餅というニュースを三重テレビが取り上げた矢先に、ああいうことになってしまい、「ああ、やっぱり」でした。今は御福餅本家も伊勢ですが、かつては「伊勢の赤福、二見の御福」と一応すみわけはなされていたようですよ。

ちなみに、中津川のくりきんとんの川上屋馬籠店でも不当表示が…。

トッピーさん、コメントありがとうございます。
いつもトッピーさんのサイトを楽しく拝見しております。川上屋の栗きんとんまで不当表示があったとは知りませんでした。名古屋への帰省の折に手土産にする甘いものを何にしようか迷っていたのですが、赤福も栗きんとんも手に入らなさそうですね。代替品としてゆかりやういろうが売れていると聞きました。先日私のブログで紹介させていただいた坂角のゆかりはトレーサビリティなど食の安全に積極的なようで安心しています。ういろうや千なりが不祥事の連鎖に続かないか心配です。

コメントを投稿する