オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

様々な事柄や契約の節目を、2020年6月にすることを決めました。

»


去年5月にご報告したように、不肖加藤はシンガポール永住権を2020年4月まで更新しています。

* シンガポール永住権の更新とマレーシアMM2Hビザの取得ができました。

http://katou.jp/?eid=477

で...それを確認したので、兼ねてから考えていたマレーシアの長期滞在ビザ(MM2H)を同時に取得し、ジョホールバルにメインの居宅を9月に移し、4月から不動産会社IKI LINKS https://www.ikilinks.com/jp/ に参画しているわけであります。

上記の2015年5月のブログにも記したように、

1967~1985 ◆18歳までの少年期 (生まれてから高校卒業までの子どもイヤーズ)
1986~1995 ◆28歳までの青春期 (リョーマ→Qネット→日広草創期の青春時代)
1996~2007 ◆41歳までの青年期 (日広=NIKKOで、ネット広告に熱中イヤーズ)
2008~2020 ◆53歳までの中年期 (シンガポールでウミガメ創りに挑戦イヤーズ)

僕は2010年のシンガポール永住権取得時に自分の人生計画における現フェイズを2020年までにしよう、と目安をおいたのですが、いよいよ諸々の期日を決めていく必要が出てきたのと、先日ここに書いた http://katou.jp/?eid=549 ように、新規参画を9月から創めた株式会社ネクストレージを境に当面停止する としたことで、

現在関わっている様々な事柄や契約の節目を 2020年6月 にすることを決めました。これからの3年はこの期日を常に念頭に置いて、物事の進行や企画に取り組んでいきます。

逆にいうと、それまでは現在の生き方

・ エンジェル事業家として、参画先の資本と経営に参画し、会社の成長にコミットする。

・ シンガポールを軸に、東南アジアを面で活動し、当地における日本人起業家の創出と環境づくりに寄与する。

を通じて、

日本を外から揺さぶり刺激を与える、ことを続けたいと思います。

__________________________________

2020年6月以降なんですけど、

 その時までにライフワーク的なものも含めて、それぞれの参画先との関係(役割、資本、ゴール)を再構築するつもりです。

株式は冥土に持っていけないし、棺桶に持っていかれてもシャチョーも迷惑だと思いますし。

2020年の2度目のシンガポール永住権の更新(期間:5年)は目指します。更新したいです。

つまり更新しても、シンガポール基盤のポートフォリオになるとは思うのですけど、それ以降の 熟年期 をどこでどのように取り組んでいくのかは、まだぼんやりとしています。

が、これから3年かけて、しっかりを決めていきたいと思ってます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する