オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

Dellaの世界最大の収納力の名刺入れと財布を、阪急うめだ本店で販売いたします。

»


今夏以降、開発に集中してきた世界最大の収納力の名刺入れと財布について、そしてその開発製造元であるDellaコーポレーションの資本と経営への参画を、9月末にこの場にてお伝えいたしました。 http://katou.jp/?eid=492 

おかげ様で出展したファッションワールド東京2015での成果も大きく、加藤が資本と経営に参画して以降、初の製品となる Della deccair シリーズ5点 の発売開始をここに改めてお知らせいたします。 あわせて、このシリーズの製品紹介サイトもローンチいたしました。


■ 先ずは、小生が企画したDella deccair 『200枚名刺が入る名刺入れ』 (dec30102) です。

どうでしょうか。この個性とインパクト。
名刺交換の際、そしてその後の商談の最中もずっと、お相手の関心を惹くこと必至のこのアイテム。この「おいしさ」は関西の方なら分っていただけると思います。
http://della-ananda.com/?page_id=633

戴いた名刺は名刺入れの上において、商談するのが「ニッポンの常識」ですが、当製品の場合は、このように背の部分にも載ります。


これは開発した我ながらのナニですが、はっきり言って反則やと思ってます。ツッコまざるを得ない、からです。 

表現では200枚としておりますが、ぶちゃけ250枚以上入ります。実際、僕は日々入れて持ち歩いています。



■ そして、そのサイズの半分の容量となる シングルの名刺入れ (dec30101) がこちらです。
こちらであっても既に世界最大の収納幅ではないか、と思います。
http://della-ananda.com/?page_id=96

リンク先にてご覧いただけますように、背部分のドクターバッグのような美しい曲面が特徴で、実際の名刺交換のシーンで、お相手の眼を大きく惹くことは間違いない、でしょう。

「なんで200枚も容れるんだ!意味ないし重いじゃん」・・・といった、論理的思考かつ現実派のデキるビジネスエグゼクティブの貴兄には、実際にはぜひこちらをご利用いただければ、と感じております。

僕もその方がいいと思います。正味のはなし。


■ 更にもうひとつは横に大きなDella deccair 『200枚名刺が入る名刺入れ』 (dec30103) です。
このフォルム、パッと見たところほとんど手帳かポーチで、名刺入れには見えません。
開けてみてはじめて、間仕切り2列の様相がご確認いただけます。
http://della-ananda.com/?page_id=668

皆さまの様々な用途目的で、2列を使い分けていただければ、と思っていますが、たとえば片方にはタバコ&ライターや、スマートキー・鍵やID証等、ポケットWIFI ・・を入れて頂けそうです。

とにかくフツーの名刺入れの 横に倍の大きさ(14.5cm×11.5cm×厚さ4.5cm)なので、こちらも商談の席などで、烈しく眼を惹くことは間違いありませんYO。



■ そして、こちらは長年にわたり、財布の構造の研究と改善に取り組んできたDella代表の古川哲朗が 「世界最大の収納力」という観点から、開発した 『108枚カードが入る財布』 (dec30106) です。煩悩の数入ります。ピン札なら400万円以上収納できます。iPhone6や通帳、パスポートまでキレイに収まります。
http://della-ananda.com/?page_id=552

単にカードが最大108枚収まるだけではありません。 この財布の素晴らしいのは、たとえカードを108枚パンパンに収めても、パッと扇のごとく広げると、一瞥して、どのカードも視野に入ってくるので、必要なカードがさっと引き抜けるその機能性です。



また、ほとんどセカンドバックのような大きさ(21cm×12cm×厚さ5.5cm)ですが、取っ手やストラップを付けなかったところは古川のこだわりです。

もちろん、そんなにカネもカードも持ち歩かんわ!、という至極まっとうな方のためのシングルファスナー (dec30105 ) もございます。 もちろん、こっちのほうが実需があるに違いない、と思っております。しかし、こちらも十分に大きい(21cm×11cm×厚さ3.5cm)ので、スーツの内胸ポケットには当然に入りません。
http://della-ananda.com/?page_id=596




いかがでしょう。 手にとって観たくなっていただけましたでしょうか。
はい、私たちもぜひ実物をみなさまに体感していただきたい、のです。


嬉しいことに、11月25日より12月25日のクリスマスギフトフェアの一ヶ月間、Della deccairの上記5製品すべてを、それぞれ16種のカラーバリエーションすべてを、


日本一の百貨店である、阪急うめだ本店さまにて、フェアのどまんなかである8階下りエスカレーター前にて、世界 最 先行販売させていただくことになりました。

* 阪急うめだ本店 (大阪市北区角田町8-7) http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/floor/floor8f.html/


さらに、この新製品は、関西でウケなければ、そもそも日本で、世界で、成功できない、という強い想いから、京阪百貨店さまでも大々的に販売させていただきます。

12月3日から12月16日のクリスマスフェア(4階下りエスカレーター前)にて皆さまをお待ちいたしております。

* 京阪百貨店 守口店 (大阪府守口市河原町8-3)  http://www.keihan-dept.co.jp/moriguchi/floorguide/4f/


名刺はコミュニケーションツール、とは昔からの常套句ですし、僕自身30年以上名刺を配ってきて、ほんとにそう思います。

そのうえで、私たちDellaコーポレーションが気づいたこと、それは名刺入れもまた、最高の「おいしい」コミュニケーションツールに成り得る、ということからでした。

あまりに大きい長財布もまた、財布であるにも関わらず、それ故にたいへん目立つことになります。

が、Della deccairシリーズの各製品は、その外形や中味に、無駄を徹底的に削いだ機能を盛り込んでいます。

このブログをご覧いただいている貴兄にこそ、まず大阪で、Dellaの自信作をみていただきたい、のです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する