オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

使用頻度の低いアプリは、需要時にも使われないんだけど...どうしましょう。

»


僕は通販物流越境ECお仕事をしているので、生活者の皆さんのインターネットとの接点というか、関わり方の変化にとても敏感なほうだと思う。

2年ほど前に、ヤフーの経営陣が総入れ替えとなり、

・ アプリの時代到来。
・ ガラケーが終わり、PCが終わり、スマホの時代となった。
・ ウェブはオワコン。
・ 検索は終了。
・ リコメンデーション&リーセンシー。
・ 爆速EC革命。
・ 髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである。

などの気配があったので、

僕も慌てて、関わっているサイトの、アプリ制作を進めた。

けっこうお金が掛かった。

出来上がったアプリを、一生懸命にApp Storeに通した。

************

結論として、

月に一度か二度しか触らないようなアプリは、ほとんどダウンロードされないし、されたとしても使われない、ということが分かった。

アプリが出来たから、とか既存のお客様に喧伝し、更にダウンロードにけっこうなインセンティブをつけて、無理矢理にダウンロードを仕向けても、結局はほとんど使われないのだ。

要するに、依然として、専業ECサイトはPCだろうがスマホだろうが、ウェブ経由のアクセスが大方なのである。

・・・・・痛い授業料だった。



しかし、

そう、PCユーザが減って、検索クエリそのものは激減しているし、

故に、検索結果上位広告のインベントリも減っているので、


やはり、なにか手を打たないといけないのだ。


そして、その処方箋は、もちろん今、猫も杓子も森川氏も念仏のように唱えておられる 動画広告 ではない。

あれはアテンションであり、ブランディングにはいい。

けれど、購入喚起には?だと思っている。


*************

いまのところは、

やっぱプッシュだなぁ、と。

アラート、とかメールとか、ね。

そろそろ買いどき、替えどき、だよとか。AI的なそういうの。


ただ、せっかくアプリを作ったので、このままお釈迦にするのは惜しいので、、

なんか、ECサイト用のアプリの、需要タイミング以外のフリークエンシー高めるアイデアください。


ウチで創ったアプリで、(アフィリエイト踏むようにして)Amazonパントリーの取次ぎやるとか、そういうのかな。
・・・・・・それは上手くいかなそうだなw。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する