オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

移住以降4度目の引越し。シンガポールとジョホールバルに居宅借りました。

»

昨日、東京からシンガポールに帰ってきました。いろいろと決めてきました。

・ 参画先2社のDirector(取締役)を退任し、適任者とスイッチします。両社とも継続して株主として関わっていきます。かなり前向きな異動です。
・ 3つのスタートアップ・ベンチャー企業に参画することも決めてきました。いま建付けを固めています。

・ 今年に入って株価爆騰ちうの某東証一部上場企業のシンガポール子会社のDirector(取締役)に就くことになりました。

いずれも9月末から10月末のタイミングです。

***************

さて、5月1日のブログでお知らせ http://katou.jp/?eid=477 したように、シンガポールの永住権が更新できたので、計画していたマレーシアのMM2H(長期滞在)ビザを取得したんです。

で、9月に、2008年6月にシンガポールに移住してから4軒目となるコンドミニアム(主に外国人居留用のマンション)に引っ越しました。今回はこれまでと違って、2社の参画先の2人のCEOと3人でシェアハウスですよ。僕の負担は月々800ドル、の予定です (なので、同居の2名はちゃんと稼いで滞納しないでくださいね!)

と、同時にその居宅から空いてれば30分で着くマレーシア、ジョホール州はヌサジャヤに居宅も借りました。
3ヶ月前に建ったばかりの新築のコンドミニアムなんですけど、もう築3年くらいの風格です。(苦笑)


これまでの7年は、 
シンガポール55%; 日本30%; その他アジアのどこか15%
くらいの比率で 各地各国を転々と暮らしていましたが、、 

少なくともこれから2年は、
マレーシア45%; シンガポール10%; 日本30%: その他世界のどこか15%
くらいの比率で、各地各国を転々とすることになりそうです。よろしくお願いします。


***************

2008年7月、シンガポールに移ってきたときって、当時のブログ http://katou.jp/?eid=14 にも書いてましたけど
これからの5~6年、シンガポールがめちゃめちゃ面白くなる』 と感じていました。 (まさか2ヵ月後にリーマンショックが来るなんてことは想定外ではありましたが。)

直後の金融危機のあとに、米ドルの下落、そして、日本円の高騰、中国の大成長、東南アジア各国の躍進、があったことは皆さんご承知のとおりですが、
その円高を背景に、日本の企業、独立開業を志す個人がシンガポールの押し寄せたことは、実際の結果として、僕はたいへんに楽しむ...というかエキサイティングな日々を送ることができたわけです。


一方で2015年も後半に入り、上海株の暴落と売買規制によって、昨今は中国からマネーが逃げて米国に戻ってる、と実感しています。(もちろんインドにも行ってますが)。かたや東南アジア各国の通貨は、金利も上げた米ドルに対して中期的に下げていくのではないかと考えています。





先ほどのリンク先のブログ http://katou.jp/?eid=477 にて書いたように、
今回のシンガポール永住権の更新ができたことで、僕自身は次の更新となる2020年まで、シンガポールをビジネスの拠点に活動する覚悟を決めました。

その上での、(シンガポールから目と鼻の先にある) ジョホールバルへのお引越しです。

もちろんマレーシアでも日本人スタートアップの資本と経営への参画をする(いまのところは一社もありません) かもしれませんが、その場合もビジネスの枠組み作りのハブ・中核に据えるのはこれまでどおりシンガポールになると思います。

あと5年は、これまでの7年やってきたことを引き続き取り組んでいく所存ですので、よろしくお願いします。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する