オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

日本といえば『川や海、自然に恵まれた国』と…

»

さて、今日10月15日は Blog Action Day。毎年多くのブロガーがこの日に、同じテーマでブログを書いて、問題を提起します。今年のテーマは『WATER』。129にのぼる国と地域の4000人のブロガーが参加しています!。

WATERと言えば、さっきまでマレーシアのペナン島に行ってきたんですけど、シンガポールがほぼ全量を輸入しているこの国の水道水は、黄色くて飲めましぇん(…飲めるかもしれないけど)。当のシンガポールの水道水はきれいに濾過されていて飲めるのにね。

ていうかこちらのブログによると水道水が飲める国は世界で11カ国程度しかないそうです。

世界に東京の水技術を売り込もうとしている猪瀬直樹さんによると、こちらのようです。
(国の中身が違います(;´∀`)

猪瀬さんも挙げてますが、日本の濾過、浄化の仕組みは素晴らしいです。中国もいま川せき止めてダムばっか作ってるみたいwwですから、ますます東南アジアの水需要は高まりますよね。

日本の水関連のプレイヤーも産学一体となって、ぜひアジアに攻め込んでもらいたい!と加藤も最近具体的な行動を開始していますよ。はやくこの場で進捗や成果をご報告したいものです。

それにしても日本は恵まれていますよね。水食糧の奪い合いで、いまも世界各所で人どおしが殺し合ってますからね、普通に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
僕は 『水都大阪』に生まれ育ったこともあって、日本は『川や海、自然に恵まれた国』というイメージをもっていますし、シンガポールでもまずそこから紹介することが多いです。

皆さんは【日本】という言葉から、自分の中にどんなイメージが広がりますか。

このたび、加藤が、20年来の盟友イラストレーター千秋育子さんと一緒にやっているオミヤゲもん開発会社のMariposa pte ltdでは、千秋女史がこれまで世の中に送り込んできた横浜トランプ、大阪とらんぷ、シンガポールとらんぷに続いて『ジャパンとらんぷ』の製作に突入しました。

今週からホームページも開始。さっそく千秋育子姫とコラボレーションしてジャパンとらんぷにイラストレーターとして参加するアーティスト!も募集しています。(10月末まで)
日本の観光庁(JNTO)さまVISIT JAPAN 2010の全面的バックアップも得て、Facebookファンページの運用も同時にスタートいたしましたよ~。ぜひご注目を。

もひとつお知らせ。
セントーサで毎夜行われている水と光のショーSongs of the Sea(ショーの中身はこんなの)の会場前にあるギフトショップ(Beach Station駅出たとこスグ)Oscar&coにも、千秋育子デザインのグッズが沢山あります。

フォトスタンド、キーホルダー、マグカップetc中でもTシャツは新作5種が男女各5サイズで入荷!ぜひ観に来てください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する