オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

日本は立ち直れるので 僕は海外で働こう

»

前よりも新聞をちゃんと読むようになった加藤です。

ここんとこのをまとめて読んで、一番ショックだった記事は
これ
リクルートが毎年調査している大学生の就職希望先ランキング です。

1位 東海旅客鉄道
2位 東日本旅客鉄道  ・・・・ですか。

かたやトヨタは、昨年の6位から96位ですか。

これから日本の内需は伸びないよ とか、日本企業はアジアに進出しないとシナリオないよ とか、日頃ぶつくさ言っている加藤ではありますが、
反面、ちゃんと就職したことが徳間インテリジェンスネットワークにて僅か1年3ヶ月しかないので、この手の話題に口が挟める知見があるわけではありません。

しかしながら、
自分を育ててくれた市場のベンチャーが学生さんに人気がない状況を見るにつけ、どうすれば次代を担う優秀な若者が、日本のベンチャー活性化に繋がる進路を選んでくれるのか、ということには絶えず問題意識を持っておりまして。

だから毎年のこのランキング結果はとても気になるのです。

無論、JR東海もJR東日本も素晴らしい日本を代表する企業だと思います。ただ、これって単なる寄らば大樹の安定志向ってところが多分にあると思うのです。(しかも、日頃の加藤の主張とあまりに真逆のドメドメ企業だし、、)

更に憂うのは、トヨタ人気の大幅下落です。
もちろん特に輸出系企業不況下なので、入社できっこないと敬遠している向きもあるでしょう。

しかし生涯を左右する新卒入社の候補を地合いの状況が由で興味すら持たない、というのはおかしい

トヨタこそ世界で最も尊敬されている日本発のグローバル企業です。
その門をたたく、なんたるかを学び検討する、ということは社会に出るにあたって大事なことだと思うのです。
こんな哀しい結果見ちゃうと、日頃はポジティブな僕も「日本は駄目か」とか世を儚んじゃうのです。


加藤は日本企業のアジア進出・アジア資本化を支援することを、これからの生業に選んだ者でして、
日本企業がどんどんアジア内需を取りに行くことこそ、日本の景気対策そのものだ、と思っています。

そのために、先ずまったく国外に居たことのない自分が移住することによって、日本を外から刺激が与えられる人間にならねば!と勢い思い立ち、国外に飛び出た次第なんですが、、

そんな僕がこのゴールデンウィークの間に、とても気になった議論があります。

◆ On Off and Beyond: 海外で勉強して働こう

◆ 404 Blog Not Found:日本に留まりたかったら、一度は留学しておくべき

さて、皆さまはお読みになられてどう思われますか。

僕なんかより何十倍も影響力のある渡辺千賀さんと小飼弾さんのネタ繰りを端緒に、この「日本は駄目か?」議論がネット上で百出しています。
そのあまりの反響で、遂に5月4日夜、Yahooニュースに取り上げられています。うへぇぇ。

(7つの海を越えて、2日付でフランス在住のMadeleine Sophieさん(日本人)が、周辺ブロガーの諸説を区分されているので、更に興味の沸いた方はこちらもご覧ください
◆ フランスの日々:日本をもっとダメな国だと思い危機感を煽りましょう

渡辺さんの主張である

1)日本はもう立ち直れないと思う。
だから、
2)海外で勉強してそのまま海外で働く道を真剣に考えてみて欲しい。

という提言には正直、いたく感動を覚えました。

小飼さん同様、よくぞ言って下さいました、と唸りました。

こういった強い刺激は(特に、加藤の憂う)寄らば大樹志向が故に、官需・内需系企業にしか関心を抱けない大学3年生にどーんと与えたほうがいい、と思ったからです。

たしかに、世はこんな状況のようで、海外出るどころか生活すら出来ねぇよというボヤキも聞こえてきそうですけど、一方で・・・大学生はモラトリアムOK!なワケですから、別に貧乏 物見遊山でもどんどん行きゃいいと思うんですよね。

でも、加藤は
まだ 日本はもう立ち直れない、とは思ってません。

だからこそ僕は、アジア進出に起業家や企業が取り組むべきだ!と発信しよう、と思ったわけです。そして今のところは、日本の将来に対し前向きです。(国内内需はもうたいして伸びないけどね)

しかしながら小飼さんのおっしゃる「海外を知らないと日本に留まる資格もない」との指摘に、
なるほど、、、そう感じたのかもなぁ、と我が事ながら、加藤のシンガポールに移住した理由らしきものを、自覚しました。

そんなふうに思って移住したわけではないですが、外から揺さぶり刺激しないと、加藤の主張に説得力がまったくない、と思ったのは事実だからです。

そして加藤もまた移住以降、渡辺さんとは別の、僕なりのやり方と信念で、日本企業と日本人起業家に、アジア進出を唱え、口説いてます。

とはいえ英語力も異国人付き合いもじぇんじぇん駄目なので、その・・・海外でやっていける自信ってのはまだついてないんですけど。

http://twitter.com/ykatou

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する