オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

AR Dronが待望のFullHD対応を果たし「Bebop Drone」としてもうすぐ登場

»

3Dプリンターとドローンの便益の大きさと共に、それが巻き起こす弊害について懸念が示されていて、先日3Dプリンターで拳銃を作った男が逮捕されたニュースは記憶に新しいところかと思います。

ドローンについてもどのような規制が掛かってくるのか愛好者としては気になるところです。

AR Dron2は値段も手頃で、補修用のパーツも充実、そしてコントローラーもヘッドマウントディスプレイやゲーム操作用のジョイパッドも使える充実ぶりで年齢問わず楽しめる道具です。さらにGPSオプションを使って飛行プランを計画したりすることも可能で単なるおもちゃの領域だけで語ることはできません。

このAR Dron、2年ほどの開発期間を経て3がリリース間近のようでサイトで「Parrot Bebop Drone」Coming soonとして情報掲載され、Youtubeにはプロモーション動画の他、試験動画がアップされ初めています。

サイトをご覧いただくと一目瞭然ですが簡単に紹介すると、プロペラの材質や構造を変更、本体は小型化しつつも軽量・安全を実現。

Dsc_0565_parrot_bebop_drone

映像も念願のFULL HD化と3軸のスタビライザー装備となり、独自のWi-Fiスポットを通じて300メートルの範囲でコントロール可能。

更にこちらのSkycontrollerを利用することで2キロ圏内での飛行も可能になるようです。

Dsc_0413_parrot_bebop_drone

先日田舎に帰省する機会があり、都会とは違う空き地を目の前にしながらドローンを宅急便で送っておくべきだった…と後悔した自分がおりましたが、このAR Dron3であればプロペラのガードをするパーツを含めてもかなりコンパクト化されていて、旅行の際に持ち歩くのも2に比べれば全然気楽だと思います。

今回の新バージョンAR Dron2でこうなればな…というポイントを全て網羅しつつ、Skycontrollerという時代の流れとマッチした進化度合いで実機に触れる機会が来るのが凄い楽しみです。

サイトを見て、値段がどのくらいになるのか見つけられていないのだけが気がかりです(苦笑)

それではParrot Bebop Droneの紹介動画こちらに貼付けておきますのでご覧ください。

P.S.
関係者の方、もし国内で発表会とかあるときは声掛けていただければ、ブロガーとして喜んで取材に行きます!


 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する