オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

画像における非破壊制作環境が手に入る「Light Field Photography with a Hand-Held Plenoptic Camera」

»

永井さんが書かれている「400年間変わらなかった基本原理を変える、全く新しい写真技術」を興味深く拝見。

制作の立場としてはこれって、本当の意味のワンソース・マルチユースを実現する技術だよな、、、、と感心というかかなり驚いてます。

音楽制作の現場ではデジタルオーディオワークステーション(Digital Audio Workstation、略称DAW)と呼ばれる、非破壊状態でデジタルでオーディオの録音、編集、ミキシングなど一連の作業が出来るシステムがあったりしますが、こちらの「Light Field Photography with a Hand-Held Plenoptic Camera」ってのは画像における非破壊制作環境を提供してくれる凄い機材になるのではないでしょうか?

CSIとかテレビドラマや映画の中では、ボケたり解像度が低いものでも何でも補正できちゃいますけど(苦笑)、実際にはピントが合っているものにボカシを入れるのは簡単ですが、その逆を機械的な補正でなんとかしようとするのは無理なケースがほとんどな訳で、ほんと「400年間変わらなかった基本原理を変える、全く新しい写真技術」と言えるのではないでしょうか。

永井さんのエントリからも参照できますが、Youtubeのほうにも解説ビデオが掲載されているのを発見したのでこちらに貼り付けしておきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する