オルタナティブ・ブログ > Power to the People >

Yagishita's alternative blog

GS02 は iPhone 4S の夢をみるか (1) #AppComing

»

2週間前になりますが、AppComing Day! 2012 Winter に参加し、ファーウェイ社製の Android スマートフォン GS02 のモニタープレゼントに当たりました。ありがとうございます。GS02 は、ブロガーイベントにも参加し、My First Android はこれかなと思っていましたが、まさにそのようになっています。というわけで、GP02 の SIM を入れて利用した印象を、iPhone 4S との比較をしながら紹介していきたいと思います。

第1段は「シングルコアとは思えないパフォーマンス」です。

最近の Android 機や iPhone 4S はマルチコアになっていますね。より複雑な処理を並列に実行していくためにはマルチコアの流れもいたし方ないのですが、GS02 は流されることなくシングルコアで十分なパフォーマンスをだしています。

GS02 では、Gmail、Facebook (Facebook Messenger 含む)、Twitter、Evernote を中心に利用しているのですが、iPhone 4S と比較しても遜色がないですね。スクロールもスムースです。液晶サイズが大きい分、ビューワーとしてみた場合 GS02 は十分に使えると思います。

反面、iPhone 4S と比較して残念な部分は、3G 回線や WiFi のつかみが遅いこと。あくまでも感覚的なのですが、iPhone 4S と異なり、いっぱくおくような感じがします。特に WiFi は時間がかかります。将来のバージョンアップに期待しています

あと、待機状態から戻るための操作に慣れが必要でした。GS02 は、iPhone 4S や WIndows Phone (IS12T) と異なり、物理的なボタンがありません。そのために電源ボタンを押す必要があるのですが、その位置に慣れるのに時間がかかりました。物理ボタンは、それだけハード故障のリスクを抱えるのですが、操作性とのバランスが重要なのだと思いました。海外メーカーの Android 端末に物理ボタンが少ないのは、一種の宗教なんでしょうか、誰かご存知だったら教えてください。

ブロガーイベントでも触れられていましたが、レスポンスがいいのは、Android OS をうまくチューニングしているの結果なのでしょう。Kindle Fire もそうですが、モバイルデバイスはネットワーク、ハードウェアを含めて最適化をはかっていかなければいけないといういい例なのではないかと思います。

この点については、通信事業者各社の事情もあるとは思いますが、もう少し製品ライフサイクルを考慮して、トータルバランスをとることを進めていかないとつらくなると思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する